萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 
最新情報とか注意事項とかいろいろ
注意! 当ブログで使用されている画像データ等の版権は、当然製作元の権利者様にあります。
よって、本ブログからの無断での転載・複製・加工等をしないで下さい。


 
 

量子。

アドオン死にすぎて使い物にならねぇ。。。
 →「Firefox Quantum」が正式公開 ~6カ月前と比べて2倍以上に高速化、新UIも導入 (窓の杜)
 →Chromeより軽くて速いブラウザソフト、Mozilla「Firefox Quantum」を正式公開 (エルミタージュ秋葉原)

ということで、すでにベータ版では公開されていた、Firefoxの新バージョンである「Firefox Quantum」ですが、本日事前の予告通り正式版としてリリースされました。
バージョン番号としてはFirefox 57となっており、以前の56から1上がっただけなのですが、内容的には過去最大級のアップデートとなっており、新プログラミング言語や新CSSエンジンや新UIを採用するなど全面的な刷新を加えつつ、Firefox 52比で2倍の高速化、Google Chrome比で30%のメモリ使用量低減と、大幅なパフォーマンスアップを達成しているそうです。
元々Firefoxは重いと感じるブラウザではありませんでしたが、本アップデートでさらなる軽量化が行われたようで、最近流行りのコンテンツゴテ盛りのWebページもサクサクと閲覧できそうですねw

なお、非WebExtensions APIベースのアドオンのサポートが切られたため、副委員長代理の環境ではマウスジェスチャやブックマーク管理やタブ切り替え系のアドオンが軒並み死亡し、広告ブロッカーくらいしかアドオンが使えなくなって、ほぼ素の状態で使わざるを得なくなってしまいました。
マウスジェスチャについては、今まで使っていたFireGesturesの代わりに「Foxy Gestures」というアドオンが使えるそうなので、そちらへの切り替えをしよう…と思ったのですが、Quantum正式公開でアクセスが集中しているのか、記事執筆時点(23:30現在)でMozillaのアドオンダウンロードサイト(https://addons.mozilla.org/)に接続できない状況になっているため、切り替えはまた後日となりそうです。
ブックマーク管理とタブ切り替え関連のアドオンについては、代替品があるかまだ分からないので、こちらもまた後日切り替えが可能かどうか調べないとですね。
とりあえず、今の状態で使おうとするといろいろストレスが溜まりそうですし、主力ブラウザの座がSleipnirから移る状況ではないので、今まで通りSleipnirを使いつつ、アドオンの切り替えと代替品探しを進めていきたいところです。
…というか、Quantumでの出来次第ではSleipnirから主力ブラウザを切り替えるつもりだったのですが、まさかこんな大きな落とし穴が待っていようとは(^^;
 
 

こたつむり2017。

最近めっきり寒くなってきましたが、これから本格的に寒くなってくると、副委員長代理の自室では寝床のこたつ机に設置したモニタやキーボードの活躍する時期がやってきます。
その寝床のこたつ机については、3年近く前にダイソーで購入したこたつの継ぎ足を使って嵩上げをしているのですが、高さを稼ぐために継ぎ足の中に詰めていた新聞紙がヘタってきて、ちょっと水平を保てない状態になってきていたため、詰め物を新しいものに交換することにしました。
なお、今回も新聞紙を詰めてもよかったのですが、またしばらくするとヘタってくるのは確実ですし、そもそも最初から高さの統一ができているか怪しいところもあるため、今回は厚みの均一なものを詰めることにし、ダイソーにてこんなものを買ってきました。

ダイソー 洗濯機の防音マット

洗濯機の防音マットという商品で、その名の通り洗濯機の足の下に設置して、稼働時の振動音が床に伝わるのを軽減するためのものになっています。
振動吸収のために多少のクッション性はありますが、それでも洗濯機の重量を支えるため、かなりしっかりとした硬さがあるため、今回の用途的には非常に適していそうですね。
なお、継ぎ足1個あたり1枚だと厚みが薄く、机の高さが稼げないため、継ぎ足1個あたり2枚を詰めるため、4枚セットを2セット買ってきました。

で、実際に詰めてみたところ、このまま継ぎ足に詰められれば手間はなかったのですが、サイズ的に継ぎ足の穴より若干大きく、そのままだと詰められなかったため、はみ出す部分をカッターナイフでカットする必要がありました。
一手間必要だったのは多少面倒でしたが、詰めた後は当然ながら新聞紙より圧倒的に安定感があり、高さも全ての足で均一になったため、期待通りの詰め物性能(?)を発揮してくれそうですねw
それと、今回は2枚重ねて継ぎ足に詰めましたが、3枚重ねてもギリギリ入りそうなので、追加でもう1つ買ってきて詰めてやれば、机の高さをもう一段上げることもできそうですね。
とりあえずは2枚でも今までと大差ない高さにはなっていそうなので、しばらく2枚で使ってみて不都合を感じた場合は、また買い増して追加で詰めようと思います。
 
 

お休み。

今日は時間がないので、更新はお休みさせていただきます。
 
 

円盤パンケーキ。

今日は基本的に一日休みでのんびり過ごしましたが、ちょっと近所の電気屋に買い物に出て、こんなものを買ってきました。

SONY 50CDQ80GPWP(CD-R 50枚スピンドルケース入り)

SONYの50CDQ80GPWP(CD-R 50枚スピンドルケース入り)でした。
少し前に20枚スピンドルの20CDQ80GPWPを買ったのですが、一応品質テストの結果的に及第点ではあったので、今後も主力メディアとして使うべく、近所の店で手に入る一番枚数の多いパッケージを買ってきました。
製造国は20CDQ80GPWPと同じく台湾で、まだ実際に確認はしていませんが、製造者も恐らく20CDQ80GPWPと同じRiTEKだと思われます。(確認および品質テストは今回は面倒なのでスルーw)

まだ20CDQ80GPWPが残っているので、出番は少し先の話になると思いますが、最近の使用ペースを考えると、これだけあれば2年くらいは余裕で使えそうですから、もしかするとこれが最後のCD-R購入になるかもですねw
 
 

一日ゴロゴロ。

今日は特に何の予定もなかったので、朝からPC弄ったりゲームしたりしながら、一日家でゴロゴロしていました。
10月に入って以降参加するミリタリーイベントもなく、週末ごとに暇を持て余していますが、調べてみた限りこの先も阪基のウィンターフェスタくらいしかイベントがないので、今年は10月にして早々にオフシーズン突入という年になりそうですね(^^;
今年は一年通じてあまり参加するイベントもなく、ちょっと残念な一年になってしまいましたが、来年はイベント多数で大忙し!…だといいなw

…と、そんな感じで特に書くことも思いつかないので、今日の更新はこのあたりでw
 
 

お休み。

今日は時間がないので更新はお休みします。
 
 

電撃移籍。

今の時点でIntel製dGPUに期待するのは時期尚早な気がしますが、いろいろ夢の広がる話ではありますね。
 →Radeonの顔だったRaja Koduri氏がIntelに入社。将来的には「Intel製単体GPU」登場か (4Gamer.net)
 →AMD Radeon部門のトップがIntelに移籍 (PC Watch)
 →Intel、元AMD GPU部門の最高責任者Raja Koduri氏の入社を発表 (エルミタージュ秋葉原)

昨日AMDからの退社が報じられた、AMDのGPU部門(Radeon Technologies Group)のトップであったRaja Koduri氏ですが、退社から間を置かずして、Intelへの入社が発表されました。
Raja Koduri氏はIntelが新設する「Core and Visual Computing Group」の重要ポストに就くそうで、今後のIntelのGPU関連の事業に大きな影響を与えることになりそうです。
氏のIntel加入によって、今後IntelからdGPUが登場することになるのか、それともiGPUの強化程度の話で収まるのか、はたまたAIなどの他の事業の強化にリソースを使われてPC向けGPUの開発には結局何の恩恵もないのか、現時点では先のことは全く分からないですが、いち自作erとしては自作市場向けにも何らかの恩恵があることに期待したいところですねw

…それにしても、Intel CPU+AMD iGPUを採用する新APUの電撃発表から、僅か3日の間に起こった氏のAMD退社→Intel移籍ですが、この一連の動きには何らかの関連性があると見ていいのでしょうかね。
Ryzen登場以降、何一ついいところのなかった印象のあるIntelですが、これが反撃の狼煙となるかどうか、今後の展開に注目ですねw
 
 

次の一手。

先の連休前に、ダイソーで金属製のコードフック(粘着テープ式)を買ってきて、無線ルーターの配線に使えるか試すつもりだったのですが、連休中に風邪をひいてしまったために、その後放置状態になっていました(^^;
とりあえず、コードフックの両面テープの粘着力が壁紙相手にどの程度発揮できるか確認するために、試しに壁の目立たないところにフックを貼り付け、軽い重りをぶら下げて放置していたのですが、それを今日になって剥がしてみたところ、5日経ってもしっかり粘着…というか、逆に粘着が強すぎて剥がす時に壁紙ごと剥がれそうになり、ちょっとコードフックを直接壁に貼るのは避けたい感じになっていました。

で、コードフックを直接壁に貼るのはNGということで、次の手段として考えていた、こんなものをダイソーにて買ってきました。

ダイソー 工作用タッカー・専用針

工作用のタッカーと、その専用針でした。
タッカーは前から売っているのは知っており、ちょっと欲しいと思っていたのですが、使い道があまり思いつかずに手が出なかったところ、今回ようやく使い道ができて購入に至りましたねw
これを使って具体的にどうやって配線するかはまだ考えていませんが、スタープラチナの「壁美人」という、文房具のホッチキスを使って石膏ボードに棚などを設置する商品があるそうで、その固定方法がいろいろと参考になりそうなので、コードフックとタッカーに応用して設置できないかと考えています。
まぁ、今日のところは時間もありませんし、そのあたりはまた時間のあるときにでもいろいろ考えようと思います。

あと、同じくダイソーにて、無線ルーター本体を壁に設置するのによさそうなものも見つけたので購入してみました。

ダイソー 穴跡が目立たないピンフック(大・小)

穴跡が目立たないピンフック(大・小)という商品でした。
普通のピンフックよりピンの太さが細く、その分取り外し後の穴が目立たないというピンフックで、ピンの太さが細い分強度確保のため1つのフックに複数のピンが付けられており、小(耐荷重1kg)の方はピン2本、大(耐荷重2kg)の方はピン3本が石膏ボードに打ち込まれることになります。
今回は、無線ルーター本体に紐で引っ掛けを作り、それをピンフックでぶら下げて設置するという方法を採るつもりなのですが、100均で売っているピンフックは耐荷重1kg以下のものしか見たことがなく、強度的にちょっと不足を感じていたところ、耐荷重2kgというものを発見したので使ってみることにしました。
なお、無線ルーターとケーブルなどを合わせても重量は500gもないので、実は耐荷重的には1kgでも十分事足りるのですが、今回は安全策を採って2kgの方(大)を2本使って設置しようと思っています。
それと、小の方については、今回は正直必要なかったのですが、穴跡が目立たないということで何か使い道がありそうだったので、ついでに1つ買ってみることにしましたw


と、こんな感じで配線作業の次の一手は整えたのですが、流石に平日では時間がないので、具体的な作業方法の立案や実際の作業については、また次の週末あたりにでもやろうと思います。
 
 

錨製品。

自分で使うものではありませんが、Amazonにてこんなものを購入しました。

Anker箱×2

…Ankerの何かであることは分かると思いますが、Anker製品はどれも箱が同じデザインで、箱の写真だけだと中身がサッパリ分からないですね(^^;
で、この箱の中にはこんなものが入っていました。

Anker A2021121・PowerLine microUSBケーブル

ということで、Anker A2021121(24W 2ポート USB急速充電器)と、Anker PowerLine microUSBケーブル(1.8m ブラック×2本セット)をゲットしました。
現在、家人が問題が多いと噂のdocomo ACアダプタ05を使っているのですが、案の定使用開始1年足らずで充電不良が多発し始め、もう新しい充電器に買い替えたいということだったので、安定性の高そうなAnkerのUSB充電器と、同じくAnkerのmicroUSBケーブルを購入しました。

届いてすぐに、充電器・ケーブルともに初期不良チェックを一通り行ってみましたが、特に問題はなさそうだったので、早速家人に渡してきました。
なお、充電器の方には、USB抵抗器を使って2Aの負荷を10分程度連続で掛けてみましたが、出力電圧5.12V程度を維持していて電流量も安定しており、コイル鳴きも全く出なかったので、少なくともスマホ1台充電用としては優秀な充電器と言えそうですね。
それ以上の負荷は掛けられなかった(もう1個のUSB抵抗器が行方不明のためw)のと、急速充電は対応機器が無いので確認できませんでしたが、まぁ今回は出力2A程度の普通の充電器として使えれば問題なかったので、チェックは最低限で済ませておくことにしました。
あとは耐久性がどの程度あるかですが…そっちは運の要素が大きい(というかほとんど?w)ですから、今の時点では考えるだけ無駄でしょうね(^^;
 
 

瓢箪から重戦車。

はいはい毎度の怪情報怪情報…と思っていたら…
 →Intel,Radeon GPUを搭載する第8世代Coreプロセッサを開発中であることを公表 (4Gamer.net)

かつてはNVIDIA対抗の隠し玉と目され、何年も前から何度となく噂話という名の怪情報が出ていた、Intel CPUにAMD GPUを統合したAPUですが、この度ついにIntelから公式に開発中との情報が出てきました。
このAPUは、CPUにIntelの第8世代Coreプロセッサ(Coffee Lake-S)、iGPUにAMDのRadeon GPU、またiGPU専用メモリにHBM2を統合したものとなるようで、安定性と処理能力でAMD CPUに勝るIntel CPUと、処理性能でIntel iGPUを圧倒するAMD iGPU、そこにさらにHBM2メモリが統合された、現時点では最高のAPUとなりそうですね。
なお、統合と言っても、一つのダイにIntel CPUとAMD GPUとHBM2を統合するわけではなく、それぞれ独立したダイを一つのパッケージにまとめたもの、要するにIntelのAPUでいうとClarkdaleあたりと同じ形になるそうで、一つのダイに全てを纏めるのと比べると、パッケージ全体の大きさやダイ間通信のオーバーヘッド、消費電力などの面で制約は小さくなさそうですね。
ただそれでも、それぞれ単独のCPU・GPUパッケージを搭載するよりは実装スペースを縮減できますし、先述の通りIntel CPUとAMD iGPUという組み合わせ自体に非常に大きな価値がありますから、デメリットを補って余りあるメリットは十二分にあると思います。

また、このAPUは2018年第1四半期、すなわちこれから半年もしないうちには実際に市場に出回るということで、構想段階とか開発者の妄想とかではなく、もうリリース自体は確定事項と見て間違いなさそうです。
当初はノートPCなどのモバイル向けとなるようで、近日中に登場するRaven Ridge(Ryzen Mobile)対抗であることは明白ですが、もし将来的にこれがデスクトップ向けにも降りてくれば、AMD一強状態のデスクトップ向けAPUに風穴を開けることになりそうですね。
…まぁ、そもそもデスクトップ向けに出てくるか分かりませんし、もし出てもお値段がかなりお高いことになりそうですから、登場したところで結局手が出ないというオチにもなりそうですが(^^;

なお、個人的には、最近のメモリ価格の暴騰でRaven Ridgeに手を出す気が失せてきていたところで、今回のIntel+AMDのAPUの発表もあり、よりRaven Ridgeへの興味が減衰してしまいましたねw
CPUがIntelかつiGPU向けにHBM2を内蔵しているため、それほどハイクロックのメインメモリを要求されないであろうことも考えると、少々APU本体がお高くても、現在のメモリ暴騰状態ならシステム全体では思ったより安く上がる可能性もありますし、そう考えると現状は今回のIntel APUに追い風となる可能性もありそうです。
処理性能や消費電力はどうなのか、そもそもデスクトップ向けに登場するのか、登場したところで価格はどうなのか、という感じでハードルはいくらでもありますが、情報収集している分にはタダですから、今後も続報に期待しつつ情報収集を進めたいと思いますw
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday