FC2ブログ

萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

呉地方隊サマーフェスタ2011レポ -後編-

今日は、昨日に引き続き、昨年7月30日に海上自衛隊呉基地で行われた、呉地方隊サマーフェスタ2011のレポ後編をば。
ちなみに、昨日の「呉地方隊サマーフェスタ2011レポ -前編のようで実は関係ない何か-」はコチラ

昨日の前編は、「呉地方隊サマーフェスタ2011のレポ」と冠しておきながら、サマーフェスタの始まる手前でレポが終わってしまったわけですが、今日のはしっかりとサマーフェスタのレポだぜ!(ダマレ
てことで、今日もいつも通り結構な長文なので、続きは追記に記載しますが、お暇ならゆっくりしていってね!w
昨日の前編の終わりで、「雨天順延のイベントで開始直前に間近に雨霞が迫る」という絶体絶命のピンチに陥った副委員長代理ですが………結局呉地方隊サマーフェスタ2011は予定通り挙行されましたw
それも、「実は雨が降らなかった」とかいうオチではなく、風に煽られたスコールのような雨が降ったにもかかわらず、雨天順延とはなりませんでした。

雨は、イベント開始予定の13時の30分ほど前から降り始めて、副委員長代理はアレイからすこじま公園に避難していたのですが、その後雨は止まず、痺れを切らして12:50ごろに呉地方総監部の広報室に、イベント実施の可否について電話問い合わせをしてみました。
すると、結構降っているにもかかわらず、普通に「やりますよ」と即答されましたw
良くても「開始時間をずらして様子を見てみます」くらいの回答を覚悟していた副委員長代理としては、何かのドッキリかと思ってもう一度確認してみたのですが、「今の天候でも普通にやりますよ」との回答でした。
気象レーダーの雨雲の観測を見た限りでは、通り雨ですぐ止みそうな感じだったのですが、呉地方総監部も「すぐ止む」という判断を下したようで、ほっと一安心しましたw

そして、時おり小雨がぱらつく中、13時に係船掘地区へ向かい、呉造修補給所の正門から基地内に潜入します。

呉造修補給所正門

入り口の守衛室で、手荷物検査とかあるのかと思って訊いてみたのですが、「そのまま通っていいよ」ってことだったので、普通にそのまま中に入りました。
…最近、手荷物検査とかされないと、なんだかお尻がムズムズするのですが、恐らく何かの病気でしょうねw(ぉ


それから、ここから先に進む前に、少々注意書きをば。
この日展示されていた艦艇ですが、以下のようになっていました。

■一般公開実施艦艇(乗艦可能)
護衛艦「とね」
輸送艦「しもきた」
補給艦「とわだ」
潜水艦救難艦「ちはや」
訓練支援艦「くろべ」
訓練支援艦「てんりゅう」
掃海艇「いずしま」
輸送艦「ゆら」(掃海艇「いずしま」と岸壁の間に停泊していたため、甲板通過時に乗艦)

■係船掘桟橋に停泊中で、艦外から自由に見学できた艦艇
護衛艦「せんだい」
輸送艦「くにさき」
掃海母艦「ぶんご」
潜水艦「くろしお」
潜水艦「はるしお」型(Dバースに係留、多分去年退役した「はやしお」)
掃海艇「あいしま」(一般公開終了間際に呉港へ帰港)
退役護衛艦「ひえい」

■潜水艦桟橋(Sバース)に停泊中で、そこそこ近くから見学?できた潜水艦
潜水艦「そうりゅう」型×2隻
潜水艦「おやしお」型
潜水艦「はるしお」型

■呉港内に停泊中で、気合いを入れれば遠目に見学?できた艦艇
護衛艦「せとゆき」(呉港沖合いに停泊)
小型の補助艦艇類多数(呉地方総監部等)

…と、大変盛り沢山な内容で、いつもの艦艇レポートみたいな書き方だと、正直いつ終わるか分からないので、今回はちょっと特殊な形にしてみます。
イベント全体の話は極力ざっくりと進めるとして、副題として「さようなら、護衛艦『ひえい』」と題して、退役してスクラップを待つ護衛艦「ひえい」に注目したレポにしてみようと思います。
「なぜ護衛艦ひえいにそこまで注目を?」と思った人は、このあたりの記事を一通り見てみると、少し謎が解けるかもしれないw
…まぁ、副委員長代理的には、ギリセーフで昨年の海上自衛隊のイベント目標を達成したつもり、ってことでw


と、話がちょっと逸れましたが、呉基地係船掘地区に入って、呉地方総監部直通のシャトルバスのバス停を横切りつつ、まずはDバースの方へ向かいます。
Dバースには、どーんと輸送艦「しもきた」が停泊していました。

LST-4002 輸送艦「しもきた」

公開の内容などからして、今回のサマーフェスタのメインはおそらくこの「しもきた」であったと思われます。
(そのため、この「しもきた」のみ、今回のレポでは写真&文章多目になります。)

あぁ、あと「Dバース」とかがよく分からない方は、昨日のレポで使ったこの画像をご参考に。


また、Dバースには、しもきたの他に「はるしお」型潜水艦が1隻停泊していました。

潜水艦「はやしお」?

停泊中にもかかわらず、日本国旗も自衛艦旗も掲げておらず、またタラップも架かっていないので、退役した艦であることが分かります。
で、Wikipediaで調べてみたところ、去年の3月に退役した「はやしお」である可能性が高いと思われます。
ここでスクラップになるまでの余生を過ごしているのでしょうね。


そして、輸送艦「しもきた」の艦内見学へ向かいます。
見学コースは…
右舷側タラップから乗艦
→艦橋内部の階段を昇ってブリッジへ
→艦橋内部の階段を降りつつ、艦橋後部の航空機・LCACの指揮所?へ
→陸自隊員の居住区を横切りつつ階段を降って、車輌格納庫へ
→車輌格納庫・LCAC格納庫を見学したら、右舷側のランプドアから艦外へ出て見学終了
という感じでした。
なお、副委員長代理が乗艦したときは、直前まで降っていた雨の影響で甲板が濡れており、ブリッジの外回りや甲板へ出ることは出来ないようでした。
ただ、どうも副委員長代理が見学した直後にそのあたりの見学が解禁されたのか、見学している人の姿は確認できましたねorz

右舷に設置されたタラップから乗艦したら、司令官室などを横切りつつ、ブリッジまで階段を登ります。

ブリッジ

ブリッジ内は人はそんなに多くなかったですね。
ここでいつも通りいろいろ写真を撮ってました。

そしてついでにブリッジから見た前部車輌甲板の様子。

ブリッジから見た前部車輌甲板

前方に先ほどの「はるしお」型潜水艦が見えます。

で、ブリッジの見学を終了したら、ブリッジ内の階段を下りつつ、艦橋構造物の後部にある、航空機・LCACの指揮所?へ。

航空機・LCACの指揮所?

ここの内部は、2010年秋に同型艦の「くにさき」を見学したときには見れなかったのですが、今回は見ることが出来ました。

そして、ここの窓から見た後部甲板の様子。

後部甲板の様子

左奥に見える波止場がEバースで、呉基地最大の桟橋ですね。(この日は全部で7隻の自衛艦が泊まってました)

あと、甲板上に例のゴムボールを発見!

例のゴムボール

大型艦艇が港に停泊するときに、船体と波止場の間に挟むためのものです。
おおすみ型輸送艦は自前で積んでいて、作業用クレーンの位置(艦橋上にある)の関係で、甲板上のこの場所に置かれることが多いらしいです。

なお、丁度いいところに案内の隊員さんがいたので、今まで気になっていたコイツの正式名称を訊いてみたところ、『防舷物(ぼうげんぶつ)』というらしいです。(これでまたひとつ賢くなったぜ!w)
…あと、その隊員さんと話しているときに、「名称が分からないので、今までゴムボール(仮)って呼んでたんですよ」と言うと苦笑されたのはここだけの話w


そして、ここでの見学を終えて、再び階段にて下へ降ります。
降りる途中で陸上自衛隊員用の居住区を横切ったので、一枚写真を撮っておきました。

陸上自衛隊員用の居住区

うなぎの寝床状態で、奥の方まで三段ベッドが続いており、この写真の右手と背後にも、同じような景色が広がっていました。

そして、一番下まで降りたら、車輌格納庫へ出ます。

車輌格納庫

車輌格納庫内は、自由に見て回れましたが、作業用重機しか積んでいなかったため、見るところはそれほどありませんでした。

また、車輌格納庫からは、LCAC格納庫にも自由に入って見学ができました。

LCAC格納庫

LCACは、3号艇と4号艇が搭載されており、両艇とも見学することが出来ました。

LCAC 3号艇LCAC 4号艇

操縦席とかも見学できたのですが、今回は割愛でw

そして、車輌格納庫へ戻り、右舷側のランプドアから艦外へ…出る前に、東日本大震災関連の展示と思われる、仮設風呂が設置されていました。

仮設風呂

風呂といっても、さすがにマッパで体験させるわけにはいかないので、足湯程度のものでしたw
…ちなみに、副委員長代理が見ていた限りでは、実際に体験していたのは写真左に写っている男性一人だけでしたw

風呂を眺めた後は、右舷側のランプドアから下艦して、くにさきの見学は終了しました。

右舷側ランプドア


くにさきの見学後は、くにさき艦外の写真を撮ったり、Dバース周囲の写真を撮ったりしていました。
そして、次はどこに行こうかと思った(特に順路とかは決まっていなかった)のですが、一番近いEバースに向かうことにしました。

Eバース

Eバースには、護衛艦「せんだい」「とね」、輸送艦「くにさき」「ゆら」、補給艦「とわだ」、掃海母艦「ぶんご」、掃海艇「いずしま」の7隻が停泊していました。
輸送艦「ゆら」、掃海艇「いずしま」の2隻は、時間の関係で乗艦しての見学はパスして、艦外から軽く写真を撮るだけにしておきました。

MSC-687 掃海艇「いずしま」

MSC-687 掃海艇「いずしま」


LSU-4171 輸送艦「ゆら」

LSU-4171 輸送艦「ゆら」

輸送艦「ゆら」については、2011年7月の高知県須崎市での一般公開の方で詳しいレポが書いてあるので、興味のある方はそちらをどうぞ。


「ゆら」と「いずしま」の写真を撮った後は、波止場の反対側にいる、護衛艦「とね」(とその隣の護衛艦「せんだい」)の見学に向かいます。

護衛艦「とね」「せんだい」

「とね」の左舷中央のタラップから乗艦し、甲板上をぐるっと一周して、左舷後方のタラップから下艦するという非常に短いルートで、艦内には入ることが出来ませんでした。
なお、護衛艦「とね」は乗艦可能(甲板のみ)でしたが、隣に停泊していた護衛艦「せんだい」は乗艦出来なかったため、「とね」の甲板上からの見学となりました。(今年の5月に香川県で「せんだい」の一般公開があるので、丁度よかったですw)

あと、「とね」下艦用のタラップがちょっと珍しかったので、写真を一枚。

「とね」下艦用のタラップ

自衛艦の艦名は、「とある特定なんたらな国々」への配慮からか、平仮名で表記されることが暗黙のルールですが、堂々と「護衛艦 利根」と漢字で表記されていましたw
確かに漢字で書いたほうがカッコいいのですが、戦史関連にも興味がある身としては、護衛艦だか重巡洋艦だか防護巡洋艦だか分からなくなるので、出来れば平仮名表記にしておいてほしいところですねw


「とね」と「せんだい」の見学を終えた後は、Eバースの先端に停泊している大型艦3隻の見学に向かいます。
向かって右側には輸送艦「くにさき」、

LST-4003 輸送艦「くにさき」

左側には補給艦「とわだ」、掃海母艦「ぶんご」が停泊しています。

補給艦「とわだ」、掃海母艦「ぶんご」


輸送艦「くにさき」は、タラップに「修理中(整備中だったかも?)のため乗艦不能」という案内板が出ていたので、艦外から眺めただけでした。(くにさきについては、一昨年愛媛県で一般公開があったときのレポに詳しいので、興味のある方はそちらもどうぞ)
また、掃海母艦「ぶんご」も乗艦は出来ませんでしたが、隣の補給艦「とわだ」から見ることが出来ました。
なお、この2隻の間に停泊していた補給艦「とわだ」がブリッジまで公開されていたので、そこまで登ると2隻とも滅多に見れない目線から見ることが出来ました。

あと、とわだに乗艦しようとEバースの先端へ向かっていると、右手(呉地方総監部方向)を交通船2137号が通りました。

交通船2137号

上の写真はリサイズされているので分からないですが、大量の小児が物珍しそうな目でこちらの方を見ていましたw
どうも、呉地方総監部から交通船で係船掘地区の桟橋をめぐる体験航海?だったようですね。(呉地方総監部には結局行っていないので詳細は不明)
この船はこの後もひっきりなしに行ったり来たりしていました。
それから、呉湾観光遊覧船のものと思われる船も何度か係船掘地区へやって来ていましたね。


と、それはさておき、補給艦「とわだ」に乗り込みます。
見学ルートは…左舷側のタラップから乗艦 → ブリッジ外周の階段でブリッジまで登る → ブリッジとその周辺見学 → ブリッジ内の階段を降りつつ右舷側の甲板へ出る → 後部甲板を見学後、後部のタラップから下艦 という感じでした。
まずは乗艦後はブリッジまで階段を登ります。

ブリッジ

また、ここで左右のウイングから「くにさき」と「ぶんご」が見えましたが、「とわだ」のブリッジが比較的高い位置にあることもあり、どちらもなかなかお目にかかれない目線から見ることが出来ました。
離着艦時の飛行科員の目線というか、実際に「とわだ」が補給作業を行っているときの目線というか、そういった感じの景色でしたね。

それから、ブリッジから見た「とわだ」の前甲板の補給装置類の写真を一枚。

「とわだ」前甲板補給装置類

…何かごちゃごちゃしていて分かりにくいですが、「とわだ」の舳先の先に停泊している2隻は、先ほどの護衛艦「せんだい」「とね」です。
案内の隊員さんの話によると、ブリッジから舳先までがちょうど100mくらいとのことでしたが、目線が高いこともあってそんなに距離があるようには見えませんでしたね。


そして、「とわだ」のブリッジから甲板へ降り、後部甲板見学後にタラップから下艦して、続いては最後に残ったFバースの見学に向かいます。
なお、EバースからFバースへ向かう途中で、Eバース上からは他艦の陰になって全体が見えなかった艦が見えるので、道中で何枚か写真を撮っておきました。

護衛艦「せんだい」「とね」
掃海母艦「ぶんご」、補給艦「とわだ」



さぁそして、次はFバースの見学…ですが、その前に今日のレポの注目ポイント、去年3月に最新鋭護衛艦「いせ」と入れ替わりで退役・除籍となった、護衛艦「ひえい」の特集?ですw

「ひえい」ですが、Fバース東側の先端付近に係留されていました。
停泊しているFバース向かい側のEバースからも見えたので、横からの姿を写真に収めておきました。

護衛艦「ひえい」(Eバースから)

そして、FバースとEバースの間あたりからも一枚。

護衛艦「ひえい」(FバースとEバースの間あたりから)

このぐらいの距離まで近寄るとだいぶ分かりましたが、すでに各種艤装の大部分は取り外され、いつスクラップにされてもおかしくないような状況でした。

さらに、Fバースに上陸して、正面付近から一枚。

護衛艦「ひえい」(真正面近くから)

ここまで近づいて気付いたのですが、喫水線がものすごい上にありました。
艤装の取り外しや、艦内備品の撤去などの影響で艦が「軽く」なったためでしょうが、少なくとも本来の位置から1~2mは浮いている感じで、見た目のバランスが非常によろしくなかった(トップヘビーすぎて転覆しそうw)ですねw

あと、右舷斜め前からの写真も一枚。

護衛艦「ひえい」(右舷斜め前から)

喫水線が写っていないのでそれほど浮いている印象はないですが、何かやけにデカく見えますねw
しかしここまで寄ると取り外された艤装や、切り詰められた主砲身などが鮮明に見えてきて、ちょっと切なくなりますね…


そしてここから先は、細かいパーツの撮影(といっても波止場から見えるレベルのものですが)などに移ります。
艦首アンカー

艦首アンカー


喫水線の深度表示

喫水線の深度表示

黒い喫水線塗装の下にある赤い艦底塗装が見えかけており、やっぱりかなり浮いていますね。

そして消された艦番号

艦番号跡

このまんまだとよく見えないですが、写真のコントラストとかを弄り倒すと、こんな感じで「142」の数字が浮かび上がってきます。

艦番号


続いて5インチ単装速射砲 1番砲塔

5インチ単装速射砲 1番砲塔

砲身が切り詰められて、非常に無残な状態です。。。

5インチ単装速射砲 2番砲塔

5インチ単装速射砲 2番砲塔

こちらも砲身が切り詰められていますが、1番と違って切り詰めた跡に幌がかけてあって、「武士の情け」みたいなものを感じますねw

アスロックランチャ

アスロックランチャ


艦橋構造物周辺

艦橋構造物周辺

CIWSや衛星通信アンテナなどは全て取り外されていました。

内火艇

内火艇

本来書かれているはずの艦名は消されていました。

HOS-301 3連装短魚雷発射管

HOS-301 3連装短魚雷発射管


右舷後方から艦橋構造物周辺

艦橋構造物周辺(右舷後方から)


艦尾部

艦尾部


右舷艦尾から前方

右舷艦尾から前方


そして最後の一枚、波止場を挟んで隣に停泊していた、訓練支援艦「くろべ」の後部甲板から見た艦橋構造物周辺

訓練支援艦「くろべ」の後部甲板から見た艦橋構造物周辺

艦隊行動中に「ひえい」を後方から見ると、こんな感じに見えたのでしょうね。

という感じで、「ひえい」の写真撮影・見学は終了しましたが、もういつスクラップになってもおかしくないという状態で、随分と痛々しい姿でしたね。
…出来れば退役までに一度は乗ってみたかったですが、もうその機会は永遠に無いのが寂しいところです。



では、これで「ひえい」のお話は一区切りとして、イベントの話の続きに戻ります。
Eバースの見学を終えた後は、Fバースへ向かったのですが、この時点で時間が15:30ごろと、残り時間がだいぶ少なくなってきていました。
…まぁ、「時間が少なくなってきていた」ってのは、副委員長代理が終了時間を16:00だと勘違いしていた(実際は16:30)のでそう思っただけなのですがw

それはさておき、時間が少なくなったと勘違いしていたその日の副委員長代理は、Fバース到着後に若干焦りつつも、まず「ひえい」の写真を撮り、続いてFバースで公開されていた3隻の艦の見学に向かいます。
Fバースで公開されていたのは、潜水艦救難艦「ちはや」と訓練支援艦「くろべ」「てんりゅう」の3隻だったのですが、桟橋から観察してみたところ、「くろべ」「てんりゅう」は甲板のみの公開で、「ちはや」はブリッジまで入れそうだったので、先に「くろべ」「てんりゅう」の見学に向かいます。
…普通なら艦内見学もできる「ちはや」を優先すべきところでしょうが…仮に時間が足りなくなっても、終了時間と同時に「終わったから直ちに出てってね」とはならないことを見越して、あえて見学に時間のかかりそうな「ちはや」を後に残したあたりに、副委員長代理の悪意を感じたあなたは…恐らく同じ穴の狢ですw(ダマレ

ということで、まず先に訓練支援艦「くろべ」「てんりゅう」の見学へ。

訓練支援艦「くろべ」「てんりゅう」

右(手前)が「くろべ」、左(奥)が「てんりゅう」です。
目論見通り、2隻とも見学できたのは上甲板をぐるっと一周と後部の標的機格納庫(標的機は未搭載)で、艦内へ入ることはできませんでした。

と、ここで後部標的機格納庫の写真を載せておこうかと思ったのですが…空っぽの格納庫の写真を載せてもつまらないので、もう随分と前の話ですが、香川県の丸亀港で訓練支援艦「くろべ」が一般公開されたときに写真を撮っていた、ファイアービー改(BQM-34AJ改)とチャカIII(BQM-74E)の写真を載せておきますw

ファイアービー改&チャカIII
※2005年5月3日 香川県丸亀港にて撮影

チャカIIIはシャークマウスのペイントがイカしてますねw
この写真ですが、2005年当時の携帯電話のカメラで撮った写真なので、画質的には相当残念なものでしたが、少々加工した上でこのくらいのサイズまで縮小してしまうと粗もそれほど目立たない(色は明らかにおかしいですがw)ので、まぁあまりじっくり見ないでやってくださいw


そして、「くろべ」「てんりゅう」の見学をざっくりと終えて、いよいよラストの潜水艦救難艦「ちはや」の見学へと向かいます。

潜水艦救難艦「ちはや」

「ちはや」の見学ルートは、左舷中央のタラップから乗艦 → 乗艦後すぐに艦橋脇の階段でブリッジへ → ブリッジから救難艇の充電室?を経てDSRV格納庫へ → 深海救難艇DSRVの見学 → 左舷後部のタラップから下艦 という感じでした。
ということで、まずはブリッジへ上がります。

ブリッジ

外見からも分かるとおり、非常に内部は広かった(主に横方向が)ですね。

なお、ブリッジに到着したあたりで16:00を迎えたのですが、ここまで来て「時間が来たから今すぐ出てってね」とは言われまい、とほくそ笑んでいた…ものの、誰一人として終了の気配すらも感じさせませんでした。
そのため、不思議に思って最寄の隊員さんに「今日の終了時間って16:00でしたよね?」と聞いてみると…「いえ、16:30終了ですよ」と一刀両断されましたw
…やだ、恥ずかしい子!(汗

そして、ブリッジ周りの写真を撮り終えた恥ずかしい子は、救難艇の充電室?(救難艇のバッテリーを充電する設備)を経てDSRV格納庫へ向かいます。
なお、救難艇の充電室?ですが、写真を撮ろうとしたところ、案内の隊員さんに「ここは写真撮影禁止となってます」と止められたのですよね。
特に防秘的なものが置かれているようには見えなかったのですが、何かあやしいものがあったのでしょうかねw

DSRV格納庫へ降りると、深海救難艇DSRVが搭載されています。

深海救難艇DSRV

白い…ゆでタマゴ?w(違
あと、DSRVの周りには、潜水士の装備品も展示されていました。

この後は、艦の左舷後部のタラップから下艦し、「ちはや」の見学は終了しました。
これで、Fバースに停泊していた艦の見学が全て終了したのですが、Fバースの付け根にある岸壁(F-6岸壁というらしい?)に、潜水艦「くろしお」が停泊していました。

潜水艦「くろしお」

もちろん、中の見学はできませんでしたが、岸壁から艦の周りを見ることができました。
潜水艦は艦番号や艦名が書かれていない(就役直後除く)ので、外から見ても艦級しか分からないのですが、この「くろしお」は公開向けにタラップが掛けてあったので分かりました。

「くろしお」は2010年7月に高松港に入港したときにも見たのですが、今回は停泊場所の関係で艦に近いところで前方から見ることはできなかった(アレイからすこじま公園からは見えましたが)ので、高松へ見に行っておいてよかったな、という感じですねw
それと今日の話とは直接関係ないですが、来年の瀬戸内国際芸術祭では、またこのときと同じように自衛艦の一般公開があるといいなぁw


という感じで、Fバースとその周辺の見学を終了し、ようやく呉地方隊サマーフェスタは終了…と思っていたら、Fバースに掃海艇「あいしま」が入ってきました。

掃海艇「あいしま」

終了10分くらい前でしたが、他に見るところもなかったので、接岸作業を一通り眺めていました。
入港から10分足らず、しかも単艦(艇?w)で接岸・係留が完了するのは、小回りの利く掃海艇ならではでしたねw


そして、「あいしま」の接岸を見て、やっと呉地方隊サマーフェスタは終了となりました。
あとは、係船掘厚生センターや、

係船掘厚生センター


Fバースや、

Fバース


Eバースを横目に眺めながら撤収をはじめました。

Eバース


そして、その後Dバースの「しもきた」の写真を何枚か押さえて、ようやく呉基地から完全に撤退しました。
呉基地から外に出たのが16:40くらいだったのですが、まだ花火大会(呉海上花火大会)の見物人が集まってくるような時間ではなかったため、アレイからすこじま公園へ向かいました。

その途中で、米陸軍の施設があるので、正門の写真を撮っておきました。

米陸軍施設正門

"United States Army Kure Pier 6 Gate 1"という看板が掲げられています。
日本語で言うと「合衆国陸軍 呉第6突堤正門」らしいです。

在日米軍は、基地内はもちろんのこと正門も写真撮影禁止というケースがあるようですが、特に警備も見当たらなかったので思い切って正門の写真を撮ってしまいましたw(さすがに基地内は撮る気も撮る度胸もないですがw)
それにしても、横須賀の米軍基地の敷地内はカリフォルニア州というのは有名な話ですが、呉の米軍基地の敷地内は何州なのでしょうね?(やっぱりカリフォルニア州?)


それはさておき、米軍施設の前を通り過ぎて、アレイからすこじま公園へ戻りました。
本来ならサマーフェスタの始まる前に、アレイからすこじま公園(と串山公園)からの写真撮影は終えておく予定だったのですが、昨日の前編の通り、アレイからすこじま公園に到着した直後ににわか雨に襲われた影響で、撮影がほとんど出来ていませんでした。
そのため、花火の見物人が集まってきそうな17時過ぎくらいになるまで、ここで写真の撮影をしていました。

アレイからすこじま公園からは、FバースとSバースとAバースが見えますが、この日はAバースには何も停泊していませんでした。
Fバースはサマーフェスタで書いたとおり、潜水艦「くろしお」、退役護衛艦「ひえい」、潜水艦救難艦「ちはや」、訓練支援艦「くろべ」「てんりゅう」が停泊していました。
「くろしお」と「てんりゅう」と「ちはや」はFバースからはちょっと撮りにくかったので、ここから望遠で狙ってみました。

まずは潜水艦「くろしお」

潜水艦「くろしお」


訓練支援艦「てんりゅう」

訓練支援艦「てんりゅう」


潜水艦救難艦「ちはや」

潜水艦救難艦「ちはや」

3隻ともFバースから見るのとは一味違った写真が撮れましたね。


あと、Sバース(潜水艦桟橋)はやはりアレイからすこじま公園から眺めるのがベストです。

Sバース(潜水艦桟橋)

時間が時間なのでちょいと逆光ですが、停泊中の潜水艦が4隻確認できます。

それから、アレイからすこじま公園内にあるSバースの門。

Sバースの門

その門に付いている潜水艦桟橋の表札(?)

潜水艦桟橋の表札

門の上に見える陸橋が、アレイからすこじま公園の道路を挟んだ向かい側にある、第1潜水隊群司令部へと繋がっており、隊員さんはこの陸橋を通ってSバースに出入りするため、実際にこの門が開閉されることはそんなに多くないようです。(開けるのは車両が通るときくらい?)

なお、この日のSバースには、全部で4隻の潜水艦が停泊していました。
Sバース北側の陸岸寄りから順に、「そうりゅう」型と

潜水艦「そうりゅう」型


「はるしお」型と

潜水艦「はるしお」型


「おやしお」型と

潜水艦「おやしお」型


もう一隻「そうりゅう」型が停泊していました。

潜水艦「そうりゅう」型 2


「そうりゅう」型が第1潜水隊群にしか配備されていない関係で、海自の現役潜水艦3艦級を全て見られるのは呉基地だけなのですが、この日は運よく3艦級全てが揃っていましたw

そして、アレイからすこじま公園の南端、Aバースの前まで行くと、旧海軍が使用していた魚雷積載用クレーンが公園のモニュメントとして展示されています。

旧海軍の魚雷積載用クレーン


また、Aバース付近からアレイからすこじま公園を眺めると、こんな感じになっています。

アレイからすこじま公園

花崗岩の石積の護岸が連なっています。
なお、写真右手の街路樹の向こう側に、旧海軍時代のレンガ造りの倉庫が並んでいますが…今は民間の会社の倉庫となっているため、ちょっとカメラを向けづらい雰囲気ですw


それから、Aバース付近から呉基地方向を見ると、こんな感じに見えます。

Aバース付近から呉基地方向

ちょっと分かりにくいですが、手前にSバース、右手奥が係船掘地区の地上施設群、中央奥がF・Eバースです。
それにしても、呉は横須賀と違って、このくらいの範囲にほとんどの主要な艦が固まっているので、写真撮影が楽でいいですねw


そして、この時点で時間が17:10と、そろそろ花火大会の見学者が集まってきそうな時間だったので、アレイからすこじま公園を後にすることにしました。
なお、去り際に、米陸軍の揚陸艇を撮るのを忘れていたのを思い出したので、一枚撮っておきました。

米陸軍の揚陸艇(LCM-8548・LCM-8529)

米陸軍揚陸艇のLCM-8548とLCM-8529の2隻でした。
日本にいる米陸軍の揚陸艇といえば、横浜ノースドックに大量停泊しているラニーミード級ですが、この呉の揚陸艇はそんな豪勢なものじゃなく、どっちかというと旧軍の大発みたいなもので、揚陸艇というより自走艀といった雰囲気ですねw


米陸軍の揚陸艇を撮った後は、この日の写真撮影は終了とし、昭和埠頭にちょうどやってきたバスに乗って呉駅へ戻りました。
途中で呉地方総監部に寄っていこうかと思ったのですが、花火大会の関連で電車が混雑する可能性が考えられたので、大人しく帰ることにしました。

帰りの呉駅ですが、予想通りというかなんというか、明らかに花火大会見学者と思しき浴衣を着た集団などで混雑しており、やはり早めの撤収という判断は正しかったようですw
また、この日は呉以外にも広島県や岡山県の各地で花火大会が催されていたようで、電車は結構遅くまで混んでいましたね。



といった感じで、2回に分けてお届けした、昨年の呉地方隊サマーフェスタ2011のレポは終了になります。
海自の艦艇停泊基地の公開イベントは初めての参加でしたが、やはり大規模な施設だけあって、内容も濃かったですねw
今年も行けそうならぜひ行っておきたいイベントです。

あと、なんだか異常なまでに筆がノッてきて、気が付けばいつも以上の長文になってしまいましたね(汗
テキストエディタで記事を執筆しているのですが、この時点で保存しているテキストファイルのファイルサイズが約25KBに到達…いや、細かいことは気にしないに限る!(ぁ
 
 
この記事のコメント
そういえば、まもなく丸亀で「せんだい」が一般公開するようですね。
呉地方隊の船も片っぱしから見に行きたいっすねぇ。

…すみませんねー、コメが短くてw
  [Mail] [編集]
二回にわたってのレポ乙でした。
二年前に呉に行ったのを思い出しまてまた行きたくなってきましたよ。
その時は何でも無いときだったので今度は呉地方隊サマーフェスタに合わせていきたいですね。
でもその前に大湊・舞鶴・佐世保に行かねば……当分先になりそうです。
  [Mail] [編集]
お疲れ様です!
暇つぶしにちょうど良い長さだったので、時間の空いた時に思う存分楽しんで拝見させていただきました。
呉は行った事がないですが、これだけの艦艇パラダイスを目の当たりにすると、要領を得ないワタクシのような人間には目移りしまくりで、時間がいくつあっても足らなくなるかもですw

ちなみに今日は雨、降りませんでしたね。道路から湯気が出ているかのような霧は発生していましたが…。
高松海保のイベは結局どうされたのか気になります。
ワタクシは…イベがあった事をすっかり忘れ、香西のイオン高松で買い物してましたorz
  [Mail] [編集]
>>もこさん

>「せんだい」が一般公開
年1回の丸亀市での公開が、DE一隻ってのはちょっと不満が残りますが…まぁ、中止で終わった去年よりは遥かにマシなので、大人しく楽しんできますw

>コメが短くて
いえいえ。
むしろこの記事に適切なコメントというのが自分自身で思いつかないあたり、投稿者として申し訳ないっすw



>>二束三文さん

>呉地方隊サマーフェスタに合わせて
もしくは岩国FSDに合わせて、ゴールデンウィーク中の広島・山口遠征旅行とかいかがですか?w

>大湊・舞鶴・佐世保
自分も舞鶴・佐世保は行っておきたいですね。(大湊はちょっと遠すぎるので無理ですがw)
そういえば、佐世保といえば近いうちにエセックスとボノム・リシャールの交代式が行われるとかで、ワスプ級強襲揚陸艦が2隻いっぺんに見れるというチャンスがあるとかないとか?



>>梅香さん

>艦艇パラダイス
まさにその通りですよ。
ってことで、一回行ってみましょうぜ、ダンナw

>高松海保のイベ
自分は…家でカメラのレンズ磨いてましたw
まぁ「高知駐屯地祭>(越えられない壁)>高松海保」だったものでw(ぁ
  [Mail] [編集]




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/1832-aba0e8c3
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday