萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

第14旅団創隊7周年・善通寺駐屯地開設63周年記念行事レポ。

今日は、先日行ってきた、第14旅団創隊7周年・善通寺駐屯地開設63周年記念行事の詳細レポをば。

善通寺駐屯地正門

…天下のゴールデンウィーク、しかも岩国FSDが中止になったせいでヒマでしょうがないってことで、ちょっと気合を入れて書いてみましたw
もちろん、毎度のごとく長文になっている(というかいつも以上に長いw)ので、続きは追記にGO!
<<<追記ここから>>>

当日ですが、チャリに乗って早朝に家を出て、朝の8時前に善通寺駐屯地へ到着しました。
昨年は8時40分くらいに駐屯地に到着したところ、すでに開門済み(開門予定時刻は9時)でいい場所が空いていなかったので、今年は開門ダッシュをするつもりで開門1時間前に行ってみましたw
なんだかんだで7、8回目のイベントにもかかわらず、実は今まで開門前に行ったことってほとんどなかった(多分1回だけ?その時は家人に車で送ってもらった)ため、到着後に駐輪場の案内の隊員さんに、「もう自転車って停められますか?」と聞いてみたところ…「開門後に駐輪場も開けるので、それまで待って下さい」とのことで、駐輪場は開門時間にならないと入れないようでした。。。
善通寺駐屯地祭の式典は第1営舎地区で行われ、駐輪場は道路を挟んだ向かい側の第2営舎地区にあるので、開門前でも停めさせてもらえるか…と思ったのですが、無理だったようです(汗

そのまま開門を待って、チャリを停めてから入場してもよかったのですが、折角開門1時間以上前に来たにもかかわらず、開門ダッシュに参加できないのは寂しいってことで、駐屯地内の駐輪場は諦めることにしました。
そこで、どこか駐輪場がないかと思ったのですが…最寄り(と言っても結構離れているw)のJR善通寺駅くらいしか思いつかず、行ってみたところ有料駐輪場しかなかったのですが…もう他にアテもなかったので、善通寺駅に駐輪して、そこから駐屯地まで歩くことにしました。
ちなみに、まだ善通寺駅⇔駐屯地のシャトルバスは出ていなかったようで、2km弱、約20分のちょっと長めのお散歩となりました(苦笑

そして、駐屯地正門に8:20頃に到着し、正門の写真を撮ったり、駐屯地の表札の写真を撮ったりしつつ、開門時刻を待つことにしました。
開門は8:40ごろで、副委員長代理は20~30番目くらいでの入場となりましたが、そこから300mのノンストップ開門ダッシュで、体力の尽きた先行者をごぼう抜きにして、一般観覧席に3番手で到着しましたw
それにしても、今回は撮影機材フル装備だったにもかかわらず、先日購入したばかりの新たな相棒が早くもその力を発揮し、非常に走りやすかったですねw
なお、最初とりあえず観閲台側から数えて5番目くらいの席に陣取りました…が、例年観閲台と座席との間の通路に、立ち見の人がごった返すので、撮影の利便性を考慮して20番目くらいの席に陣取り直しましたw

それと、観覧席については、昨年までだと招待者席(スタンド席)の前方の、地べたにパイプ椅子を並べたエリアが全面一般席だったのですが、今年はなぜか観閲台西側(グラウンドに向かって右手側)の招待者席の前方のみとなっており、実質キャパが半分になっていましたね。(観閲台東側の前方席も招待者席になっていた)

観覧席配置図

招待客が増えているからこうなったのでしょうが…こうなってくると来年あたりには、一般客は観閲台の方向から見ることが出来なくなったりするかもですね…
善通寺は観閲台の方向からじゃないと、観閲行進が全く見えないので、今年が観閲行進見学の見納めになったりしないことを祈るのみです。。。


無事最前列の座席を確保した後は、とりあえず行事が始まるまで、駐屯地内をブラブラとしてみることにしました。
まずは、一般席のすぐ後方にあった、こんなものが目に入りました。

73式特大型セミ招待者席(仮)w

陸自の新装備ですね、その名も「73式特大型セミ招待者席(仮)」w(ぁ
…というのは冗談で、73式特大型セミトレーラのトレーラ部分をベースにして、その上に招待者席を作っていましたw

さらに、そのすぐ近くには、こんなものもありました。

07式機動支援観閲台(仮)w
07式機動支援観閲台(仮)w
07式機動支援観閲台(仮)解説パネルw

こちらも陸自の新装備、その名も「07式機動支援観閲台(仮)」ですねw(ぁ
…というのはもちろん冗談で、こちらは07式機動支援橋をベースにした観閲台でしたw

また、グラウンドには観閲行進に参加する車輛が停車していたので、そちらも適当に写真に収めておきました。

観閲行進に参加する車輛群
観閲行進に参加する車輛群

第14化学防護隊の化学防護車
第14化学防護隊の化学防護車

真新しい「14化」の部隊表示
真新しい「14化」の部隊表示

第14化学防護隊の除染車
第14化学防護隊の除染車

今年新編された(第14旅団司令部付隊から独立した)ばかりの第14化学防護隊の車輛も停まっていたので、これらを中心に何枚か撮ってきました。

あと、グラウンド横の駐車場には、謎のハーレー軍団が…

謎のハーレー軍団

最初見たときは、「…何ぞこれ?」って感じだったのですが、答え合わせは後ほどということでw

その他にも、時間の許す限り駐屯地内をウロウロして、適当に目に付いたものを写真に収めておきました。

第14音楽隊の楽器輸送トラック
第14音楽隊の楽器輸送トラック

冷凍冷蔵車
冷凍冷蔵車

やわらかシキツウw
やわらかシキツウw

第14旅団司令部
第14旅団司令部

教場(10号隊舎)
教場(10号隊舎)

厚生センター等の玄関
厚生センター等の玄関

また、朝の徘徊のシメとして、厚生センターの売店を一回りしてみましたが、特にめぼしいものはありませんでしたね。
…ていうか、善通寺のPXでお金を落としたことって、これまでに一度もないかもしれないw


厚生センターでウィンドウショッピング(藁)を楽しんだ後は、時間も9:10ごろとちょうどいい感じになっていたので、道々の写真を撮りつつ自席に戻って、撮影機材の準備をしていました。
そして、9時半を少し過ぎたあたりで、観閲部隊がグラウンドに入場してきました。

観閲部隊入場
観閲部隊入場

観閲部隊長入場
観閲部隊長入場

観閲部隊指揮官(伊集院兼一1佐)入場
観閲部隊指揮官(伊集院兼一1佐)入場

観閲部隊指揮官に敬礼
観閲部隊指揮官に敬礼


さらに、観閲部隊の入場後、式典開始に先立ち、観閲飛行が実施されました。
今回飛んできたのは、海自小松島航空基地第24航空隊のSH-60J×3機と、
SH-60J×3機
SH-60J

空自西部航空方面隊司令部支援飛行隊(春日基地)のT-4×2機でした。
T-4×2機
T-4×2機

なお、T-4のパイロット紹介の際に、ちょっとしたサプライズがありましたw
というのも、2番機の後席操縦者が空将補だったのですよねw
空将補ってことで、「航空団司令レベルかよ…」と思ったのですが、帰って調べてみたところ、航空団司令どころか西部航空方面隊の副司令官(杉山政樹空将補)でしたw(航空団司令と航空方面隊副司令のどちらが偉いかは知りませんがw)
T-4自体はサプライズでもなんでもなかったのですが、その中の人がサプライズという珍しいパターンでしたねw


そして、観閲飛行に引き続いて、観閲式が実施されました。

観閲官(永井昌弘陸将補)臨場
観閲官臨場1
観閲官臨場2
観閲官臨場3

国旗入場
国旗入場1
国旗入場2

部隊巡閲
部隊巡閲1
部隊巡閲2
部隊巡閲3

観閲官・ひげの隊長(佐藤正久参議院議員)式辞
観閲官式辞
ひげの隊長式辞

何か他にもギインサンとやらがワラワラと出てきていましたが、最初のお二方のお話をキチンと聞いた後は、撮った写真のチェックをしたり、撮影機材のチェックをしたり、ティータイムを楽しんだり、ハナクソほじったりしていましたw(ぁ


そして、祝電披露までの休憩時間が終わったら、いよいよ観閲行進が実施されました。
なお、観閲行進の実施に先立ち、第14旅団の警備区内各県の県旗が紹介されました。

ハーレーダビッドソンw
徳島県旗
香川県旗
愛媛県旗
高知県旗

…なぜか四国四県の県旗がハーレーダビッドソンに乗って登場しましたw
香川県防衛協会の監事が所属する、ジャパンハーレー会(?)なる謎の結社が関わってるらしいのですが…どういう趣旨だったのかイマイチ判然としませんねw(まぁ面白いからいいかw)
あ、あとちなみに、県旗は上から順に、徳島県、香川県、愛媛県、高知県のものです。

そして、ハーレーの集団が去った後は、普通に観閲行進が行われました。

82式指揮通信車
FH70
07式機動支援橋
化学防護車×2両
94式除染装置(73式中型トラックに搭載)
除染車
96式装輪装甲車
74式戦車×2両
OH-6D・UH-1J×2機

旅団司令部での行事ですから、当たり前と言えば当たり前ですが、先日の高知・徳島両駐屯地よりは豪華な内容でしたw
なお、個人的に注目の第14化学防護隊からは、化学防護車、94式除染装置(73式中型トラックに搭載)、除染車と一通りの車輛が参加していました。


観閲行進が終わった後は、第一空挺団による空挺降下…の予定でしたが、天候不良のためこれは中止というアナウンスがされましたorz
ちょっと晴れ間も見えてきていたので、もしかしたら…と思いましたが、ちょっと無理だったようです(^^;

そして、中止になった空挺降下の次は、格闘訓練展示が実施されました。

格闘訓練展示1
格闘訓練展示2
格闘訓練展示3
格闘訓練展示4
格闘訓練展示5
格闘訓練展示6
格闘訓練展示7

ガチガチのプロテクターフル装備で、何だかとても動きにくそうでしたねw
…実際、先日の徳島駐屯地祭と比べると、ダイナミックな投げ技とかは少なかったように感じましたしw


格闘訓練展示に続いては、第14音楽隊と第14旅団選抜ラッパ隊の合同音楽隊による、音楽演奏が実施されました。
観閲式典の音楽演奏といえば、各音楽隊が単独でやる、それほど人数の多くないものという印象ですが、今回は第14旅団の各部隊から選抜されたラッパ隊が加わり、かつてないほどの大所帯になっていましたねw

第14音楽隊+第14旅団選抜ラッパ隊の合同音楽隊
第14旅団選抜ラッパ隊
第14音楽隊

…50人を超えたところで、数えるのを止めましたw(多分80人くらいいますw)
しかも、ただ数が多いだけではなく、演奏するわ踊るわ歌うわ走り回るわで、大変忙しい音楽演奏になっていましたねw

踊るw
跳ねるw
キメるw
歌うw
合唱するw
吹くw
独奏するw
デュオするw
手を叩くw
あまり目立たなかった隊長w

…音楽演奏だけで写真を60枚以上撮ったのは、まず間違いなく今回が初めてですねw
ただ演奏を聴くだけではない、聴きどころに加えて見どころにも溢れた音楽演奏でしたw
なお、演奏曲目は「行進曲『雷神』」「(女々しくないw)女々しくて」「アメージンググレース」「Sing, Sing, Sing」の4曲でした。


音楽演奏が終わった次は、訓練展示が行われました。
なお、訓練展示に先立って、展示に参加する装備品等が紹介されました。

化学防護車
除染車
軽装甲機動車
74式戦車
74式戦車射撃
00式個人用防護装備・化学防護衣4型

ご覧の通り、装備品の半数以上が化学科装備という、第14化学防護隊祭り状態でしたw
駐屯地へ行く直前に、「第14化学防護隊が見られるかなぁ」とか言っていましたが、ここまで前面に押し出してくるとは思ってもみませんでしたね(苦笑
また、今回は戦車砲・榴弾砲の射撃が展示中に一切ないということで、74式戦車の紹介の際に、1発だけサービスで射撃が行われました。
…ま、当然のように煙しか撮れなかったわけですが(泣

そして、装備品の紹介が終わったら、訓練展示の本番が始まります。
今回の訓練展示は、このような展示地域で行われました。

展示地域

コンデジの写真(EX-ZR10の動画撮影中の静止画撮影機能で撮影)で、かなり画質が悪くて分かりにくいですが、建物を模したテントが3つと、その周囲に有刺鉄線や遮蔽物が置かれています。
なお、建物については、中央に重要防護施設(核廃棄物貯蔵施設)1か所と、その左右に監視施設(重要防護施設の警備施設)2か所があり、それらの施設が化学爆弾を所有するテロリストによって占拠された、というところから展示が始まります。

展示が始まると、まずは臨時ニュース(?)が流れ、核廃棄物貯蔵施設がテロリストによって占拠された旨と、テログループ「赤いカナリア」(爆)の犯行声明が流されました。

89式小銃な赤いカナリアさんw
パンツァーファウストな赤いカナリアさんw

どこで仕入れたのか、89式小銃とパンツァーファウスト(110mm個人携帯対戦車弾)で武装したテロリストが登場しましたw
なお、武装こそバリバリの西側でしたが、目立って仕方のない真っ赤な服装やそのグループ名は、「すごく…東側ですw」って感じでしたねw
ちなみに犯行声明ですが、腐敗した世界構造がなんとかかんとかという、ステレオタイプないかにもテロリストっぽい内容でしたw

テロリストさんの自己紹介(藁)が終わったら、続いては偵察行動です。

OH-6D航空偵察
UH-1J進入
リペリング降下1
リペリング降下2
降下地点表示
懸垂降下
グラウンド内進入
双眼鏡にて偵察中

OH-6Dの偵察飛行、UH-1Jから建物屋上への偵察要員のリペリング降下、建物屋上からの懸垂降下、目標施設の偵察行動と、一連の偵察要領が実施され、テロリストの人数・配置・装備が報告されます。
続いて、偵察部隊からの報告を受け、強襲部隊が左右の監視施設の制圧に向かいます。

74式戦車前進開始
軽装甲機動車前進開始
撃たれてノビた赤いカナリアさんw
軽装甲機動車を盾にして前進
監視施設突入

続けて、制圧した監視施設を橋頭堡に、中央の重要防護施設を制圧するために前進を続けますが、前進する強襲部隊に向けて、ガスマスクを装着したテロリストから、筒のような不審物が投げつけられます。

軽装甲機動車でさらに前進
赤いカナリアさんが化学兵器を使用

不審物から、化学兵器を模した黄色い煙が上がりました。
これを受けて強襲部隊は一旦後退し、制圧した監視施設の中で、00式個人用防護装備を装着します。

00式個人用防護装備を装着

しかしここで、突撃した強襲部隊の隊員に、化学剤による負傷者が発生します。

化学剤による負傷者発生

負傷者は神経剤の症状(瞳孔が小さくなり、全身が痙攣)が見られたため、応急処置実施のため後送し、アトロピンとPAM(プラリドキシムヨウ化メチル)の注射による応急手当を実施します。

注射による応急手当

その間に、態勢を整え直した強襲部隊は、再度重要防護施設へ突撃、これを制圧します。

軽装甲機動車を盾にして再前進
撃たれて転がった赤いカナリアさんw
重要防護施設へ突入1
重要防護施設へ突入2
重要防護施設へ突入3
重要防護施設奪取

…もうちょっとテロリストさんも抵抗するかと思いましたが、この後の展示(洗浄作業)が控えているためか、わりとサクッと排除されてしまいましたねw

重要防護施設と監視施設を奪還した後は、化学兵器によって汚染された地域の洗浄作業が行われます。

化学防護車進入
化学防護車の測定装置
検知器による詳細確認
洗浄地域を示す旗

化学防護車の測定装置で風向き等を計測し、化学剤の散布状況を予測した上で、検知器を持った隊員により化学剤の種類や汚染状況の詳細が確認され、洗浄対象地域を示す旗(4本で対象地域の四隅を示す)が立てられます。

また、化学防護車から下車した、除染剤の入ったタンクを背負った隊員により、先ほど化学剤により負傷した隊員の洗浄作業が行われます。

負傷した隊員の洗浄作業

洗浄が終了した負傷者は、軽装甲機動車に乗せられて、病院まで搬送されました。

さらに、この間も後ろでゴソゴソ検知作業をしていた部隊により、化学剤の種類はサリン、散布範囲は約15m四方と報告されます。
報告を受け、汚染地域の洗浄部隊が進入し、対象地域の洗浄を行います。

除染車進入
車外の確認要員
車上の洗浄要員
洗浄開始
洗浄・測定中
2台体制で洗浄中

除染車1台あたり3人一組で、2人が車上から除染剤を散布し、残りの1人が車輛後方にて検知器で効果を確認しながら洗浄を進めます。
そして除染車による洗浄作業が一通り終わったら、洗浄作業の最終確認に入ります。

検知器による除染効果確認
マスクを外させての安全確認1
マスクを外させての安全確認2
マスクを外させての安全確認3
マスクを外させての安全確認4

小隊長が検知器で除染効果を確認し、検知器に反応が出なかったため、安全化の最終確認として、指名した隊員1名に防護マスクを外させて、安全を確認します。
今回は時間の関係上、ただマスクを外しただけでしたが、実際にはまずマスクを5分間外した後、再度マスクを装着して10分間症状が出なければ、全員にマスクを外すように指示を出す、という手順をとるのだそうです。

安全が確認できたら、観閲台に敬礼をして、最後の報告をします。

状況終了!

「異常なし、ガスなし、状況終了!」の報告をもって、訓練展示が終了しました。

今回の訓練展示ですが、今年新編された第14化学防護隊が大活躍の、まさに今年ならではの訓練展示でしたねw
例年、善通寺はわりとオーソドックスな訓練展示が多く、面白味は少ない印象でしたが、今年はなかなか楽しめましたねw


そして、訓練展示の終了をもって、グラウンドで実施されるイベントはすべて終了しました。
なお、グラウンドではこの後装備品展示と戦車体験乗車が行われるため、その準備作業が進められていました。
副委員長代理は、カメラの整備をしたり、撮影機材を片付けたり、少し休憩したりしていましたねw

少し休憩した後は、招待者がいなくなって、誰でも入れるようになった招待者席に侵入してきましたw

招待者席の上
招待者席の端

朝一番で出てきた、「73式特大型セミ招待者席(仮)」の上に乗ってきましたw
上にベニヤ板が張られてはいますが、73式特大型セミトレーラのトレーラ部分に乗る機会って、そうそうないのではないでしょうか?w
あと、「07式機動支援観閲台(仮)」については、何だか微妙に立ち入っちゃいけないような雰囲気だったので、今回は突撃を断念しましたw

その後は、グラウンドの奥の方に置いてあった車輛の写真を撮って、「どこ行こっかなぁ~」ととりあえず模擬売店の方へ向けて動き出したのですが、体育館前に何か停まっているのを発見しました。

やわらか74式戦車w
やわらか部隊マークw

とってもやわらかな、モースさんもヌープさんも真っ青のやわらかっぷりで、まるでビニールでできていて、中に空気が入っているかのような74式戦車でしたw
全体的に非常に造形の優れたやわらか戦車でしたが、その分手作り感が満載の部隊マークが浮きまくりでしたねw
…あとここだけの話ですが、最初遠目から見たときに、装甲がタイル状になっているように見えたので、「まさか…リアクティブアーマー搭載の74式!?」とか思いましたが、もちろんそんなことはありませんでしたw

なお、このやわらか戦車ですが、ちょっとしたブロガーホイホイでしたねw
戦車のそばに到着してすぐに、先日の徳島駐屯地祭でお世話になった、「angel maneuver」の管理人のまんもさん(ご一家)に遭遇しましたw
さらにその直後に、知らない方に「もしかして副委員長代理さんですか?」といきなり声を掛けられたのですが、その方が「フランカーの軍事考察」の管理人のフランカーさんでしたw
副委員長代理は、ほぼ確実に一人でイベントに参加するので、隊員さんに何か質問することがなければ、挨拶以外でほぼ一日口を開くことはないのですが、この日は珍しく会話らしい会話をしましたねw
オフラインな生活に、同好の士(ミリオタw)が全くいないこともあり、普段そっち系の話をすることって文字の上(ブログ上)だけなので、短い時間でしたが楽しい時間を過ごせましたw


そして、まんもさんとフランカーさんと別れた後は、善通寺駐屯地内をブラブラすることにしました。
装備品展示が始まるまで、乃木館へ行くというのも考えたのですが…よくよく考えてみると、善通寺駐屯地って何回も入っているにもかかわらず、あまり駐屯地施設を見て回ったことがないので、今回は思い切って端から端まで徘徊してみることにしましたw
てことで、まずは駐屯地の施設配置を、正門から入ってすぐのところにある案内図で確認します。

善通寺駐屯地案内図

案内図によると建物の数は18棟ですが、この他に小規模な倉庫などがいくつかあります。

あ、あとちなみにこの案内図は第1営舎地区のもので、善通寺駐屯地には第1の他に、第2と第3の各営舎地区があります。
各営舎地区についてですが、第1は旅団司令部や各部隊隊舎をはじめとした中枢施設やグラウンドなどがあり、善通寺駐屯地の中心地となっています。
第2は車輛置場や整備工場や資材倉庫、また旧陸軍第11師団の赤レンガ倉庫が並んでおり、駐屯地祭のときには駐輪場や招待客用の駐車場として利用されています。
第3はほぼイコール乃木館で、付随する建物などはありますが、特に重要施設という感じではなく、あえて言うなら第14音楽隊の隊舎(乃木館1階)がある程度でしょうか。

今回は、第1・第2営舎地区の順に、回れる範囲を一回り回ってみることにしました。
では、第1営舎地区内で見かけたもののうち、いくつか紹介してみます。

今年新編された第14化学防護隊の隊舎(兼第14後方支援隊隊舎)
第14化学防護隊の隊舎隊舎の看板

第14偵察隊隊舎裏にある、藤之森神社
藤之森神社1
藤之森神社2
藤之森神社の由来
木立に囲まれていて、しかも鳥居の前に73式中型トラックが何台も停まっていたので、キョロキョロしていなかったら気付かなかったところでしたねw

ドキッ☆隊員だらけの欲情…じゃなかった浴場w(ポロリもあるよ!w)
隊員浴場隊員浴場の看板
ちなみにこの建物の裏側は幹部浴場でしたw

警衛隊・消防隊隊舎
警衛隊・消防隊隊舎

戦車体験乗車の会場
戦車体験乗車の会場
体験乗車の整理券はもらっていたのですが、時間がなかったので行きませんでしたw

模擬売店周辺
模擬売店周辺

子供広場・香川地本広報テント
子供広場
香川地本広報テント

第14通信中隊の四国の形をした花壇
第14通信中隊の四国の形をした花壇
これは我ながらよく気付いたな、とwww

駐屯地内の郵便ポスト
駐屯地内の郵便ポスト
集荷は一日に2回のみw

リアカーたくさん
リアカーたくさん

第133地区警務隊の73式小型トラック
第133地区警務隊の73式小型トラック

第15普通科連隊本部管理中隊の1トン半救急車
第15普通科連隊本部管理中隊の1トン半救急車

第104輸送業務隊のフォークリフト
第104輸送業務隊のフォークリフト

人員輸送車2号
人員輸送車2号

香川県警のパトカー
香川県警のパトカー

第1営舎地区はこんなところでしょうか。
今まであまり気にしなかったあたりを見て回りましたが、藤之森神社とか第14通信中隊の花壇とか、なかなか面白いものもありましたねw

第1営舎地区を見て回った後は、一旦駐屯地から出て、道路を挟んだ反対側の第2営舎地区へ向かいました。
第2営舎地区内で見かけたものから、いくつか紹介してみます。

赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫

第14後方支援隊の野外支援車
第14後方支援隊の野外支援車
昨年の高知駐屯地祭で遭遇したレアモノ装備です。
実は、最近何度か善通寺駐屯地付近を通りがかった際に、この第2営舎地区内に停車しているのを目撃していたので、多分いるだろうと思っていたら、案の定第14後方支援隊の倉庫横に停まっていましたw
…まぁぶっちゃけ、Googleマップのストリートビューで、県道24号に沿って善通寺駐屯地を見てみると、第2営舎地区に停まっているのが確認できる…おや、こんな時間に誰か来たようだ

第14後方支援隊の73式大型トラック(作業機付き)
第14後方支援隊の73式大型トラック(作業機付き)

第14後方支援隊の94式除染装置(73式中型トラックに搭載)
第14後方支援隊の94式除染装置(73式中型トラックに搭載)

大型装軌車輛の履帯
大型装軌車輛の履帯
形状と左側の履帯に付いていたナンバーらしき標識(95-0588)から、左側は74式戦車で、右側は74式戦車 or 78式戦車回収車のものと思われます。

高知地本の業務車2号
高知地本の業務車2号

かつて車輛整備等に使っていたコンクリートの台
かつて車輛整備等に使っていたコンクリートの台
近くにいた隊員さんによると、車輛の底面を整備したり洗浄したりするのに使っていたそうです。
ちなみに今はもう使っていないとか。

と、第2営舎地区はこんなものでしょうか。
第1営舎地区以上に見て回ったことがなかったですが、なかなかマニアックなものがありましたねw


そして、第1・第2の営舎地区の施設や車輛を見て回った後は、グラウンドで行われていた装備品展示を見に行きました。
今回の装備品展示は、特にレアな装備品はなかったのですが、操法展示や体験コーナー(やジャングルジムw)が多数あり、撮る人に厳しく、楽しむ人に優しい内容でしたね(苦笑
とりあえず、琴線に触れたものを何枚か掲載してみます。

第14化学防護隊の化学防護車
第14化学防護隊の化学防護車

74式戦車
74式戦車

78式戦車回収車
78式戦車回収車

第1空挺団の落下傘装着体験コーナー
第1空挺団ブース
落下傘装着体験コーナー
記念行事の空挺降下は中止でしたが、一応こちらで第1空挺団を見ることが出来ましたw

UH-1J搭載のIRジャマー
UH-1J搭載のIRジャマー
先日の高知駐屯地祭で話題にした、IRジャマー搭載型でした。

93式近距離地対空誘導弾の射撃統制コンソール操作体験
射撃統制コンソール
グリグリ回るコンテナ
ジョイスティックの操作に合わせて、コンテナがグリグリ回っていましたw(副委員長代理は並ぶのが嫌だったので体験せずw)

07式機動支援観閲台(仮)をグラウンド側から見た様子
07式機動支援観閲台(仮)をグラウンド側から
装備品展示ではないですが、一応ここに掲載しておきますw
さすがに裏側と違って、こちらから見ると07式機動支援橋を利用しているようには見えませんねw

と、装備品展示はこんなところでしょうか。
展示品の数が少なく、特に珍しいものもなかったですが、操法展示などの工夫で不足を補った感じで、悪くはない内容だったのではないでしょうか。
また、今回は個人携帯火器の類の展示がありませんでしたが…例のプロ市民団体(自衛隊をなんとやらのアカ市民の会?でしたっけ?w)の影響でしょうかね…
まぁ、履歴書の特技欄に「粗探し」しか書くことのないような輩に、不要な文句を言われないような対策を施したうえで、また展示をしてもらいたいところですね。


そして、装備品展示を一通り見た後は、閉門時間の15時を迎えたため、駐屯地を後にしました。

善通寺駐屯地正門(駐屯地内から)

結局開門ダッシュ(8:40ごろ)から閉門時間(15:00)まで、丸一日駐屯地にいましたねw
なお、駐屯地を出た後は、この日は特別に17:00まで開いていた、乃木館(第3営舎地区)に行ってきました。

貝塚並木
乃木館
乃木館正面玄関

既に何回も見ているものの、とりあえず館内を一通り見学(さすがに撮影はせずw)してきました。
また、館外に置かれている用廃の装備品展示ですが、駐屯地祭のときには一部航空機の機内が開放されるため、それだけ見に行ってきました。

V-107機内
V-107コクピット

V-107の機内とコクピットなどの写真を撮ってきました。
機内については、時間が早いと子どもと空気読めない大人のジャングルジムと化しており、写真撮影が難しいのですが、さすがに駐屯地祭が終わった後だと、人も少なくて見学が楽でしたねw

そして、乃木館の見学を終えたら、今度こそ善通寺駐屯地を後にして、一路帰宅の途に就きました。
…一日歩き回ったこともあり、乃木館から善通寺駅までの徒歩行軍はなかなか大変でしたね(苦笑



といったあたりで、今回の第14旅団創隊7周年・善通寺駐屯地開設63周年記念行事レポは〆
今年は第14化学防護隊新設の年ということもあり、第14化学防護隊がどの程度見られるか、という点が注目だったのですが…想像を絶する化学防護隊祭りでしたねw
ちょっとクローズアップされることはあるかも?と思っていましたが、まさか訓練展示を丸々使うとは思いませんでしたw
他にも、07式機動支援橋を使った観閲台や、T-4搭乗の空将補や、観閲行進のハーレーや、大所帯の派手な音楽演奏や、ステキなやわらか戦車など、随所に工夫を凝らした見どころがあり、一日存分に楽しめましたねw
また個人的には、今まであまりじっくり見て回ったことのなかった駐屯地施設などを見物できたのもあり、かなり有意義な駐屯地祭になりましたねw

もう何度も行っているイベントなので、そろそろ飽きるかとも思っていましたが、まだまだ見どころはありそうですねw
また来年も、予定が合えば積極的に参加したいところですw


…あと、岩国FSDが中止になって、ヒマになったゴールデンウィークってことで、調子に乗って書いていたら、物凄い文章・画像量になりましたね(苦笑
あまり調子に乗ってもいいことなさそうなので、今後はキチンと自制していこうと思います。…可能ならばw
 
 
この記事のコメント




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/2249-9379a457
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday