萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

ぷれみあむ!

先日ネタにしたUCCの「永遠のゼロ プレミアムコレクション」ですが、組み立てるだけ組み立てて、写真を撮っていなかったので、写真を撮って今日のネタにすることにしましたw

UCC 永遠のゼロ プレミアムコレクション

左から天山一二型・零戦二二型・九七式三号艦攻の3機です。(先日の記事の通り残りの3機は未購入)
何か真ん中の零戦がやけに小さく見えますが、実機の寸法を見るとこの比率で大きな誤差はなさそうな感じですね。
三座で大型魚雷を搭載できる艦攻の方が、単座で小型爆弾しか積めない艦戦より大柄なのは当たり前ですが、実際にこういうモデルで並べてみたことがなかったので、こんなに差があったとは思ってもみませんでした(^^;
それと、組み立てに関しては非常に簡単…というかほぼ完成済みの状態でパッケージングされているので、各機とも主翼と台座を胴体に差し込むだけの簡単なお仕事でしたねw

それでは、1機ずつ順番に詳しく見てくことにしましょう。
まずは、零戦二二型から。

零戦二二型

一昨年の秋に出た「永遠の0 コレクション」でもあった機体で、恐らく金型は使い回しでしょうが、前作のラバウル応急迷彩とは違って、今回は普通の深緑塗装になっています。
また、前作ではキャノピーのガラスの色が真っ青で非常に気持ちが悪かったのですが、今作ではその部分が修正されて、普通に透明クリアのものになっており、全体的な雰囲気はワンランク上のものになっていますね。
それと、実際に確認してないのでそんな気がする、という話ではありますが、塗装が前作よりもよりマット調で艶消しが強くなっていて、より質感がリアルになっている…ような気がしますw

そしてお次は、天山一二型。

天山一二型

こちらは今回初めてモデル化された機体ですが、いい感じの造りなのは他の機体と変わらずですね。
モールドは十分細かく、部品のスキマなども少なく、塗装もしっかりとしており、全体的にコーヒー2本のオマケとは思えないクオリティですw
それと、胴体下には九一式魚雷が懸架されていますが、ちゃんと実機と同じく機体の右寄りに寄せて配置されており、そのあたりの再現もバッチリのようですね。
敢えて欠点を言うと、天山以外の2機もそうですが、アンテナ支柱が太すぎてツノが生えたみたいになっている(実際にこんなに太かったら視界妨げまくりでしょうねw)ところでしょうが…まぁスケールや価格を考えると、この部分は致し方ないところでしょうね(^^;
あと、三座だけあって、キャノピーの長さが特に目立ちますが、こちらも零戦同様に前作のような気持ち悪い青色じゃないので、長くてもいい雰囲気にまとまっていますねw(これが青だったらと思うと…)

そして最後は、九七式三号艦攻。

九七式三号艦攻

こちらも天山同様今回が初モデル化ですね。
造りは前の2機同様細かく、オマケとは思えないクオリティの高さも同じですねw
赤い尾翼が特徴的な淵田機で、また水平爆撃隊の機体ということで、こちらは天山とは違って、胴体下には八十番の航空爆弾が懸架されていました。
それと、九七式艦攻に限らず、今回のモデルはプロペラブレードが軟質素材でできていて、変な癖が付いてちょっと曲がっているものがあったのですが、なぜか九七式艦攻は近所のコンビニを片っ端から回って確認してみても、ブレードの曲がった個体しかありませんでしたねorz(写真はブレードの曲がりが目立たないような角度で撮っています)


といったところでしょうか。
全体的にレベルの高かった前作ですが、今作はそれ以上と言っていい仕上がりで、缶コーヒー2本に付いてくるオマケとしてはかなり高いクオリティになっていましたね。
今後もUCCのオマケのミリタリーフィギュアが新たに出てくるかは不明ですが、このクオリティが維持されるとしたら、次回作にも大いに期待できそうですねw

それと、前作と違って、キャノピーの色が修正されていたので、残りの3種も揃えようかと一瞬思いましたが…過去のものも含めて、かなりの数のコーヒーの在庫が溜まってきており、そろそろ消化できるか怪しいラインになりつつあったので、泣く泣く断念することにしました(^^;
…と言いつつ、今ヤフオクで見てみると、安いもので送料込200~300円くらいで出ているので、紫電改だけ1機買ってもいいかもですねw
 
 
この記事のコメント
テレビ版『永遠の0』が放送されましたねぇー。
「香川はテレ東の番組は放送されないんじゃ?」と思ってたら、テレ東のネット局があったことにちょっと驚きましたゎぃww

TV版楽しめました?
2日目前半までは、戦時中に実際使われたトヨタKB型が置かれてたりして時代考証を考えてるな、と好感触だったのですが、途中から戦時中なのにいきなり陸自の中型トラックと1トントレーラーを置かれてるわ、3日に至っては何で向井理が特攻隊に参加したのか触れられず、引っ張りに引っ張ってきた特攻のシーンがドン引きの空母に豆粒大の飛行機が『ぶつかって』爆破という、実に呆気ないものでガッカリしました。
こんな中途半端が正にテレ東!という感じがしましたが、どうでしょうww

主人公らが搭乗する原寸大の零戦ですが、テレ東の予算で作れるはずもなく、勝手な予想ですが恐らく30年前の「零戦燃ゆ」のプロップのようですね。
映画版(V6岡田版)でも原寸大の零戦のプロップを製作したようですが、映画版とテレビ版の違いがあるとはいえ制作会社はライバル関係にありますから、同一作品へは余程のことがないと貸さないでしょうな。
TV版『永遠の0』3日間一挙放送されましたねぇ…。  [Mail] [編集]
>>もこさん

>テレ東のネット局
香川は岡山と放送局を折半している関係で、在京キー局の系列は全部揃っているんですよね。

>TV版
録画はしてあるんですが、まだ見てないです。
>陸自の中型トラックと1トントレーラー
まっじで!?と思って、早送りしながら確認してみたら、ホントにいますね(苦笑
73式小型トラックっぽいのもいましたし、どうにか誤魔化せんかったのかw

>ドン引きの空母
何か有り得ない挙動で急降下爆撃してましたねw
25番積んだ零戦があんな超挙動できるなら、艦爆とか重戦闘機とかいらねーじゃん、って感じですねw

>原寸大の零戦
確かに、少なくとも2機はありそうですし、省予算の番組作りがウリのテレ東が新たに作るとは思えないですね。
  [Mail] [編集]




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/2883-713890ad
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday