萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

やっぱりガワ違い。

先日K-50を買ってから購入報告の速報記事を書いた後、詳しい話をするのを忘れていたのを思い出したので、今日は購入したK-50のお話をば。
なお、購入に至った顛末はすでに一度書いており、もう一度書くとなるとかなり長くなるので端折ることにして、いきなり開梱の儀の話からスタートですw

PENTAX K-50
K-50本体・付属品等

外箱と箱の中身はこんな感じになっています。
箱の中身はK-30と大差なく、エントリー機だけあって付属品も最低限(本体・ストラップ・バッテリー・各種ケーブル・取扱説明書・ソフトウェアCD)という感じですね。
ただ、K-30と付属バッテリーが変わっており、充電器が付属していないため、K-30よりもK-50の付属品の方がシンプルになっているのは確かですね。

なお、ストラップについてはK-r/K-30に付いていたO-ST53からO-ST132に変わっており、デザインも変わっていましたね。

O-ST132

O-ST53は黒地に赤い「PENTAX」の文字が入っただけの極めてシンプルなデザインでしたが、O-ST132は白い「PENTAX」の文字と、赤いラインが2本入っているデザインとなっています。
どちらがいいかと問われると、慣れ親しんだこともあって現状ではO-ST53の方が好みですが、O-ST132も特に違和感のあるデザインでもないので、使っているうちに愛着も湧いてきそうですね。
…ただまぁ、またカメラを買ったことを家族にバレるのは極力避けたいので、今回買ったK-50にはK-30に付けていたO-ST53を外して装着しておき、K-50付属のO-ST132については、元箱に仕舞っておくことにしましたw(K-30にはどこぞで手に入れたNIKONのストラップを装着w)
とりあえず、O-ST53のままでしばらく使い、ストラップがボロくなってきたら、ストラップだけ買い替えたということにして、K-50付属のO-ST132と交換しようと思っていますw

それと、先述の通り付属バッテリーはK-30付属のD-LI109から、D-BH109+単三電池4本に変更されています。

付属バッテリー

付属電池はアルカリ電池よりパワフルなリチウム電池ではありますが、もちろん充電はできない使い捨て品です。
販売価格を考えると、D-LI109と充電器が付いている方が遥かにオトクなのですが、確かK-50とK-30の購入価格の差額が4,000円くらいだったので、まぁこの変更は(副委員長代理が購入した価格を見る限りは)妥当なところですかね。
なお、副委員長代理の場合は、K-r/K-30と2代続けて同じバッテリーシステムのカメラを運用していたので、K-50購入前の時点でD-LI109を3個(充電器は2台)とD-BH109を2個(1個は互換品)保有しており、もはやどちらが付属しているかどうかなんて気にする必要もない(1日中撮りまくっても電池が足りなくなることはまずないw)ですから、ちょっとでも安い方が有難いですかねw


と、箱の中身のお話はこんなところにしておいて、ここからは実際に使ってみて感じた、K-30との違いについて。
…と言っても、先月末の高知遠征で使ってみた感じでは、特にK-30との違いは感じられず、「ガワが違うだけのK-30」としか言えなかったりしますが(苦笑
まぁ、ハード的にはK-30からガワだけ換えた価格リセットモデルというのは発売時点で分かっていましたし、K-30とのカタログスペック上の違いはほぼ無く、ファームウェアの更新も同じところで止まっている時点で、まぁお察しくださいといったところでしょうね(^^;
それでも敢えて気が付いた相違点を挙げるなら、拡張感度のカスタムファンクション設定がなくなっている点と、最高感度がISO51200に上がっている点くらいですかね。
ただ、拡張感度設定はK-rの頃からずっとオンに設定したままで、K-50では廃止されたことで常時オンと同じ設定になっただけのことなので、そう考えるとあってもなくても実際に変わったことは特にないですし、ISO感度なんて緊急でも6400までしか使いませんから、51200まで使えるからと言ってだから何?って感じなので、副委員長代理的には特に何の変更もないのと同じかとw
なお、K-30と細かく比べてみると、他にもソフト的な面を中心に違うところはあるかもですが、少なくとも普通の撮影中に気付くような違いは感じられませんでしたね。(そう考えると一番の違いはガワが変わったことによるホールド感の差かとw)
という感じで、実際の使用感はK-30とほとんど変わらない、至って普通の中級機並みの性能のエントリー一眼レフってことでw(K-30との比較以外の詳しいレビューっぽいことは書くと長くなるので割愛w)


あと最後に、K-rからK-50までのペンタのDSLRエントリー機が3代連続で揃ったので、3台を並べて撮った記念写真を掲載して、今日の更新はお終いとすることにしますw

記念写真w(斜め前から)
記念写真w(真上から)
記念写真w(真正面から)

3枚とも左からK-r、K-30、K-50の順番です。
こうやって並べてみると、K-30のデザインの異質感がハンパないですが、個人的にはそのK-30のデザインが一番好みだったりします(^^;
それと、K-30はいろいろ角張っているので、何となく大きく見えますが、カタログスペック上の外形寸法はK-50と大して変わらず、実際に手に持った感じも似たような感じ(若干K-50の方がデb…ふくよかな感じ)ですね。
なお、K-rは外形寸法も重量もK-30/50より一回りコンパクトですが、実際に持った感じではそれ以上にコンパクトに感じるので、ちょっとしたお散歩程度に持ち歩く時には重宝しますねw

あ、あと余談ですが、故障したK-30について、素人的確定診断と今後の展望についていろいろと考えたので、また近いうちに記事にするかもです。
 
 
この記事のコメント




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/3022-39d95a2c
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday