萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

検討対象。

PENTAX(リコーイメージング)から、先日噂の出ていたK-70が正式に発表されました。
 →アウトドア撮影に適したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-70」を新発売 (RICOH IMAGING)

大体事前にリークされた情報通りのスペックで、型番的にはK-50の後継に見えますが、実際はK-S2の後継機種となっていますね。
スペックを見る限りでは、K-S2をブラッシュアップしつつ新機能を加えたモデルとなっており、相変わらずエントリー機としてはハイスペックなカメラになっていますね。
新型の24MPセンサー搭載、ハイブリッドAF(像面位相差AF)採用、リアルレゾリューション対応、といったあたりが大きなトピックになりますが、その他の部分もK-S2から少しずつアップグレードされていますね。
また、デザインもK-S2に似通っていますが、グリップやペンタ部の形状などが少し異なっており、スイッチ類も若干の形状変更があるようなので、この部分もK-S2ユーザーからのフィードバックなどを活かした改善が行われているみたいですね。
…ただし、個人的に邪魔でしょうがなかった電源ダイヤル部分の動画撮影についてはK-S2から継承されており、その点はちょっとというかかなり残念な感じですね(^^;
あと、ゴミ取り機能が無印DR(ゴトゴト音が鳴るだけで実際にはゴミは取れないw)なのと、K-S2同様単三電池には非対応のようなので、それらの点も少し残念ではありますが…まぁこのあたりは妥協できないという部分でもないですし、あまり盛りすぎると価格にも跳ね返ってくるので、あまり気にしないことにしておきますw

なお、発表ではそれほど大きく扱われていませんが、個人的には手ブレ補正の効果が4.5段分というのが一番目を引かれましたね。
前機種のK-S2が3.5段分なのでプラス1段分、副委員長代理が使っているK-50(3段分)からはなんとプラス1.5段分も高い手ブレ補正効果があることになるので、これがカタログの数値通りならかなり強力な武器になりそうです。
…正直、スペックも大差無さそうなので底値のK-S2を買ってK-70はスルーしようかなぁ、とか思っていましたが、この一点だけでK-S2の購入計画は全て白紙となりましたねw

それと、今回の発表の段階では、ボディ単体と18-135mmキットの2種類の販売しかなく、標準ズームキットやダブルズームキットについては存在しないようですね。(カラバリもブラックとシルバーの2色しか無い)
売上台数がそれほど見込めない中で、キットの種類やカラバリを増やすことが無駄なコストだと判断された結果なのかなぁ、とは思いますが、ペンタのエントリー機といえばそのあたりの遊び心(?)も特徴だっただけに、ちょっと寂しい感じはしますね。
それと、個人的には後述の新望遠ズームレンズ(をL化したもの)が付いたダブルズームキットに期待していましたが、少なくとも現時点ではそういったものは存在しないようなので、後日ラインナップに追加されることに期待しつつ、今は静観していようと思います(^^;

あと、すでに幾つかの店舗で予約が始まっていますが、今の時点で早くもボディ単体が69,800円ほどと、K-S2よりだいぶスタート価格が安くなっていますね。
まぁスペックも考えると、最終的にはK-S2と同じくらいの値段に落ち着くでしょうが、最初のご祝儀価格が馬鹿みたいに高くないというのは正直好感が持てますねw
今使っているK-50が健在で、しかも今年は特に大きなイベントも無さそうなので、すぐにK-70が欲しいとは思いませんが、なかなかいい感じの機種になっていますし、サブ以下のカメラがちょっと満身創痍な状況なので、来シーズン開幕(来年の2月頃)の頃に真剣に購入を検討することになりそうですねw


あと、K-70と一緒に話題の出ていた、新しい望遠ズームレンズも同時に発表されました。
 →Kマウントデジタル一眼カメラ用交換レンズ「HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」を新発売 (RICOH IMAGING)

沈胴構造を備えた小型軽量で簡易防滴の望遠ズームレンズで、レンズ内AFモーター(PLM=パルスモーター)を備えたレンズになっています。
このクラスのレンズは、ペンタックス純正ではHD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR(とその兄弟)くらいしかありませんでしたが、レンズ内モーター非搭載のためAFのギュンギュンという音が大変五月蝿かったのが、この新しいレンズでついに解消されることになりますね。
若干レンズが暗くなっているのが気になるところですが、小型軽量化や沈胴構造とトレードオフの部分でしょうから、それは仕方がないところでしょうか。
それから、電磁絞り対応の新型のKAF4マウントを採用している関係で、K-S1より新しいボディにしか対応していないようなので、その点は十分注意が必要そうですね。

5万円台半ばと、性能を考えるとまぁ適正な価格設定になっていますので、今後のペンタの廉価望遠ズームのスタンダードはこのレンズになっていくのでしょうね。
…なお、先述の通り、L化したうえでDA L55-300mmの後を継いで、K-70のダブルズームキットになってくれることに期待していましたが…現時点ではそういう話は出ていないようで、そこは残念でしたね(^^;
 
 
この記事のコメント




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/3379-9ce4f4f2
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday