萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

撮影命。

届いたのは先々週くらいの話なのですが、諸々のチェックや設定作業が一段落してきたので、今日からはこんなもののお話をしていくことにします。

ASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL-GY16(グレー)
レイアウト RT-AZ2LSTC7/C・RT-AZ2LSF/B1

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 2 Laser ZE500KL-GY16(グレー)」と、レイアウトのZE500KL専用TPUケース(RT-AZ2LSTC7/C)・反射防止液晶保護フィルム(RT-AZ2LSF/B1)でした。
ASUSのZenFoneシリーズは、低価格帯のSIMフリースマホの中では定番中の定番という感じになっていますが、その中でもこのZE500KLは昨年リリースされた1世代前のモデルで、低価格機種の中では珍しく、特にカメラ機能を重視したモデルになっています。
逆に、カメラ機能以外の性能は値段なりといった感じのスマホで、重めのゲームなどをプレイするにはちょっと厳しい感じですが、ブラウジングやメールくらいのカジュアルな使い方なら全然問題ないのと、後述の通り今回の購入動機に一番マッチしていた機種なので、そのあたりは個人的にはどうでもよかったりw

今年は、コミケ遠征のついでに、富士山は河口湖のほど近くにある、河口湖自動車博物館へ行く計画を立てています。
その河口湖自動車博物館は、非常に有名な博物館なのでご存じの方も多いかもですが、館長の原田氏が所有する、いわゆる「原田コレクション」を展示する個人博物館で、旧軍のレストアされた航空機を多数収蔵・展示しており、隼や中攻や赤とんぼなどの激レア機が多数展示されています。(他にも零戦数機や航空機部品や自動車コレクションの展示もあり)
個人博物館ということで、1年の内8月の1か月間しか開館していないなど、いろいろ変則的な規定が多いのですが、その中でも特に変則的なのが、館内の撮影についての規定になっています。
博物館の館内撮影に関しては、全館どこでもOKのところ、全館全面禁止のところ、館内の一部のみOKのところなど、基本的に「場所」に対して制限を設ける場合がほとんどですが、この博物館はちょっと珍しい施設で、カメラの類は持ち込みすら禁止されているものの、なぜか携帯電話(スマホ含む)での館内撮影は全面OKと、「場所」ではなく「機材」に制限が課されています。
副委員長代理は、基本的に写真撮影禁止の博物館には行かないことにしており、この河口湖自動車博物館も、「ちゃんとしたカメラで写真撮影ができないなら行く気しないよなぁ」という感じでスルーしていたのですが、ふと気になって過去の写真撮影への対応を調べてみると、かつては三脚や一眼レフもOKだったのが、三脚禁止 → 一眼レフ禁止 → コンデジ禁止 → タブレットPC禁止 という感じで禁止項目が増えてきている(最近はiPhone禁止などの噂も…)というのを知りました。
そして、この流れを考えるに、いずれ携帯も含めて撮影は全面禁止となる可能性も十分あり、そうなると本当に「見るだけの博物館」となってしまい、一生行く気が起きなくなることも十分考えられるので、携帯だけであっても撮影ができる今のうちに、一度訪問しておくことに決めました。

しかし、副委員長代理の手元にある携帯は、安いガラケーと骨董品レベルの旧型スマホ(ドコモのSH-03C)だけしかなく、鑑賞に堪えるレベルの写真は逆立ちしても撮れないのですが、せっかく行くのなら最低限納得できる写真は欲しいということで、スマホ(カメラ)を新調することにしました。
最初は、パナソニックのCM1やASUSのZenFone Zoomのような、「仕様はまんまカメラ、でも見た目はスマホっぽい」という機種にしようかと思ったのですが、さすがに今回のためだけに買うには高すぎますし、あまりにもカメラっぽいフォルムで使用禁止にされる危険性もありそうなので、その方向性は却下しました。
また、iPhone6のカメラが画質がいいと言われていたので、そちらも少し考えましたが、やはり今回のためだけに買うには値段が高いのと、先述の通りiPhoneの撮影禁止という噂もあるので、こちらも却下しました。
その後もいろいろと検討はしたのですが、やはり「今回の遠征でしか使わない」という部分が最大のネックになって、どの案も次々とボツになっていた結果、2万円前後という低価格機の中で唯一カメラがマトモそうな候補としてこのZenFone 2 Laserが残り、最終的に用途と費用対効果を考えて今回の購入に至りました。

…と、前置きが非常に長くなりましたが、そんな感じでスマホを新調したので、この夏はこれを持って富士山麓まで赴くことになりそうです。
それから、折角購入報告をしたので、ついでに付属品やら本体外観やらの写真も載せておくことにします。

付属品等
本体外観(表)
本体外観(裏)

付属品はUSB-ACアダプタ(出力1A)、microUSBケーブル、イヤホンと交換用イヤーピース、取説などの冊子と、低価格機種だけあって本当に最低限という感じですが、この手の本体付属品は使わずに取っておくのが最近のマイブーム(?)なので、正直その辺りはどうでもよかったりw(ぁ
あと、液晶保護フィルムとTPUのケースを装着してみたのですが、ケースは思ったよりテカテカしていたのと、フィルムは磨りガラスみたいになっていたので、外装の質感が非常に安っぽいものになってしまいましたね(苦笑
ケースについては、専用のView Flip Coverの購入も考えましたが、カメラとして使うのが主である事を考えて、滑り止め効果が高くてグリップ性が高そうなTPUケースを選んだところ、期待通りのホールド感を得られましたね。(見た目は悪いですがw)
液晶保護フィルムについては、最初はガラスフィルムを購入しようかと思ったのですが、取り扱いが非常に面倒くさそうだったので、今回は多少妥協して旧来の保護フィルムにしておくことにしました。
反射防止のフィルムということで、画面が磨りガラスみたいになって見にくくなってしまいましたが、非常に貼りやすくて綺麗に貼れましたし、指の滑りがかなりいいので、まぁそのあたりは一長一短といったところでしょうか。

なお、他に購入した周辺機器の話とか、実際に使ってみた感想とか、肝心要のカメラの話とかについては…このまま書くと長くなりそうなので、また明日以降の更新で書いていくことにします(^^;
 
 
この記事のコメント




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/3431-52e307d4
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday