FC2ブログ

萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

7のUltimateとProfessionalの違い(発売後情報)

Windows7のUltimateとProfessionalの違いについて、どうも発売前に言われてきたものだけではなかったという情報を得たので、今日はそのまとめをば。


発売前に自分がMSのサイト(どのエディションが最適ですか。 - Microsoft Windows)で調べたところによると、UltimateとProfessionalの違いは多言語サポートとBitLocker対応の2点だったのですが、発売直後のCNET Japanにこんな記事が出ていました。


ちなみに、この情報によるとWin7のUltimateとProfessionalの違いは
・リモートでのAero Glass
・AppLocker
・BitLocker Drive Encryption
・BranchCache Distributed Cache
・DirectAccess
・Subsystem for UNIX-based Applications
・Multilingual User Interface Pack
・仮想ハードディスクからの起動

の8点となっています。(当然Ultimateは対応、Professionalは非対応)
(情報の出所がWikipediaらしいので、必ずしも信用に足る情報とは言い切れないのが微妙なところですが、とりあえずこの情報は正しい前提としておいてくださいw)



で、コンポーネント名だけ書かれてもよく意味がわからないので、それぞれの内容を詳しく見ていってみます。

まず、『リモートでのAero Glass』については、リモート経由でAeroを利用できるようにする機能ですが、正直聞いた瞬間に口あんぐりでしたw
自分はリモートは自宅でたまに使うのですが、あれは見た目なんて気にするツールじゃないでしょw ましてやAeroなんて絶対いらないw

『AppLocker』については、実行を許可/不許可するアプリケーションやスクリプトをユーザーが個別に設定できるツールで、これを使って予期しないアプリ等の実行を阻止することで、マルウェアへの感染を防止したりするものだそうです。
個人的には「あると便利かなー」とは思うのですが、まぁホームユースごときでそこまで気を使いだすときりがないので、特になくてもいいかなという感じですw

『BitLocker Drive Encryption』については、以前からProfessionalには搭載されないといわれていたドライブ暗号化の機能ですね。
サードパーティー製のソフトで代用できそうな気がモリモリしますw

『BranchCache Distributed Cache』についてはBranchCacheのDistributed Cacheモードのサポートのことかと思いますが、これ正直ホームユースで使う人存在しないんじゃないでしょうか?w
BranchCacheとは、速度の遅いWAN回線で接続された2つのLAN環境において、それぞれのLAN内で接続相手とのアクセスをキャッシュしておくことで、WAN間の接続速度を見かけ上高速化するための機能らしいのですが、このBranchCacheはキャッシュの持ち方でDistributed CacheモードとHosted Cacheモードの2種類に分かれるらしいです。
…もう正直ここまでの説明でいらない人がほとんどなのは明白なので説明ははしょりますが、Distributed Cacheモードはサーバーなしで各クライアントが直接キャッシュを保持するモード、Hosted Cacheモードというのはキャッシュ専用のサーバーを立ててそこでキャッシュを保持するモードらしいです。はい、説明なんていらないですねw

『DirectAccess』については、7と2008R2を組み合わせてVPN接続を簡易化するものらしいのですが、自分のネットワーク利用ではVPN接続なんて必要ないので、これも不要。
というか2008R2が必要になる時点で多くの人には不要な機能と言えるはずw

『Subsystem for UNIX-based Applications』については、UNIX/Linuxとの連携向上を目的としたUNIX関連のサブシステムらしいのですが、もうUNIX/Linuxとの連携の時点で不要w
一応自宅ではPuppy LinuxとUbuntuがたまに動いているのですが、正直Windowsとの連携は必要ないですし、そしてなによりそれ以上に、この機能ってあの「Windows Services for UNIX」と同等のものらしいので、どうしても欲しくなったらMSのホームページからロハで入手できますしw
→11/3訂正:通りすがりさんの指摘を受けて調べなおしたところ、Windows Services for UNIXは無印2003以前のNT系OSしかサポートしてないようです。2003R2以降はSubsystem for UNIX-based Applicationsを使わざるをえないそうです。
…全然知らんかった。。。

『Multilingual User Interface Pack』については、これも以前からProfessionalには搭載されないといわれていた多言語の対応ですね。
でも、残念なことに副委員長代理はアホの子なので、日本語しか使わないというか使えないのですw

最後の『仮想ハードディスクからの起動』については、自分は実はイマイチ分かってなかったりw
仮想ハードディスクとは、物理PC上に仮想のHDDデバイスを設定して、そこにOSをインストールしたり出来るようにする機能(Daemon ToolsのHDD版と思えば分かりやすいかと)らしいので、『仮想ハードディスクからの起動』というのは、仮想HDDにインストールして起動できるのがUltimateのみというふうに勝手に解釈してます。でも真相はよくワカンネw
その解釈の通りだと、要は「UltimateならWin7単独でVMWareと同じことが出来るよ」って言っているように思えるのですが、正直自分の用途だと仮想マシンなんてほとんど使わないし、必要になったときにはVMWare使ってるのでいらないですw



といった具合に、個人的にはAppLockerくらいしか用途が見出せない(AppLockerもほとんど用途見出せないですがw)ですねw
(どちらかと言うと大規模ネットワークを構築して、さらに社員に取引先までノートPCを携行させるような企業向けの機能が多いのですが、そういう企業は当然VolumeLicenseのEnterprise版を購入するだろうし…Ultimateの存在意義って…ただの自己満足充足用?w)

自分同様上の内容を読んでいらないと判断できた人は素直にProfessional選んでおいた方が幸せになれると思います。先日の記事にもちょっと書いたとおり、現状ではProfessionalの方がUltimateよりサポート期間が5年長いですし。

ただ、Ultimateのサポートが短いといっても2015年1月まではあるので、そこまで7を使う気がしない人は、UltimateとProfessionalの価格差が1000円しかない通常版だと気分的にUltimateに手を出してリッチな感じを味わうのもいいかもしれないですねw
逆にDSP版では差額が6000円くらいあるので、その6000円を他に回しましょう。例えばエロゲとかw
 
 
この記事のコメント
2009年11月03日() 03:04 通りすがり #mQop/nM.
Service For Unix はVista以降のOSにはインストールできません。SUAを使う必要があります。
そして、VistaでもSUAを使えるのはUltimateだけでした。
  [Mail] [編集]
> Ultimateだけ
より厳密に言えば Enterprise でも使えますね。
  [Mail] [編集]
Aero が有効だと、ウインドウの描画更新イベント発生が激減するので、リモートデスクトップの性能が体感できるレベルで向上します。見た目だけの問題ではないのですよ
  [Mail] [編集]




     

(編集・削除用)

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://fukuiinchodairi.blog98.fc2.com/tb.php/965-d95869f0
使っていたWindows Vista Home Basicが無償ダウンロード版の対応外で、優待販売の通常版も対応外と、どうにもならないのでWindows 7 Professional 32bitを購入しました。Windows 7はHome PremiumやUltimateよりもサポート期間が5年も長いProfessionalが長く使えてお得です。
2010.12.24 22:53
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday