萌えよ議事録

 オタク生活の中で日々思いついた事などをまったりとカキコするブログです。自作PC・ミリタリー・東方・同人誌蒐集・エロゲがキーワードw
 

あと一日。

今日もちょっと時間が取れるか怪しいので、更新はお休みとさせていただきます。
 
 

もう一日。

今日も昨日に続き、ちょっと時間が取れそうにないので更新はお休みさせていただきます。
 
 

お休み。

今日は時間がないので更新はお休みします。
 
 

絶滅種。

今日は、昨日の松山での潜水艦救難艦「ちはや」一般公開のお話…と言いたいところですが、昨日の疲れもあり一日ゴロゴロしていたために、掲載する写真の準備が全くできていないので、そちらはまた明日以降にでもすることにします(^^;
なお、今日はそれと微妙に関係あるような無いような話で、昨日の一般公開の会場であった、松山市の三津浜港のほど近くにある、ラ・ムー松山西店で買ってきたこんなもののお話。

L.L.P. BH755W/BH755B

L.L.P.のBH755WとBH755Bという、単三電池4本でUSBの5V出力を得られる充電器でした。
「ちはや」一般公開の帰りに、飲食物を調達しようとラ・ムー松山西店に立ち寄ったところ、特売品の山積み段ボールの中で税込214円という非常にお手頃な価格で売っていたので、とりあえず色違いで2個確保してきました。
このタイプの充電器は、モバイルバッテリーの低価格・大容量化によって今や絶滅種になっていますが、副委員長代理はヤフオクで買った同様の充電器をeneloopなどのニッケル水素電池のリフレッシュ用に使っており、今回購入したものも同様の用途に使えないかと思って購入してみました。
なお、価格はこの手の充電器としてはかなりお安かったですが、電極が導通に不安のあるコイルバネではなく板バネになっていたり、電源のON/OFFスイッチや通電確認用の青色LEDが搭載されていたり、筐体のプラの成型も結構綺麗だったりと、見た感じについては結構いい感じでしたね。

実際に使ってみた感じについては、実測電圧1.33Vのeneloopを4本セットしたところ、流し初めで電圧が4.78Vとかなり低く、しかも放電するにつれて徐々に電圧が下がっている(500mA出力で1時間流して4.48Vまで低下)ので、スマホの充電器として常用するにはちょっと使い物にならない気がします。
ただ、あくまで災害時などの緊急用として考えるのなら、入手性の高い単三電池で最低限の用が足せるというのは非常に有用ですし、副委員長代理のように電池の放電目的であったり、駆動電圧の制限が緩いUSB給電のLEDライトなどに使ったりするのであれば、少々電圧が低くても問題にならないですから、使い方次第では非常に便利な充電器とは言えそうです。
販売価格も非常に安いですし、災害用備蓄として1個持っておくのもいいかもしれないですね。

それと、今eneloopを4本装填し、USB給電のLEDライトに接続して放電させているので、ライトが消えた時点でeneloopの電圧がどの程度になっているかで、放電器として使えるかどうか確認してみようと思っています。
今までは、強制放電用には先述のヤフオクの素性不明な充電器を使っていましたが、今回のものの方が造りもよく、スイッチやインジケーターLEDが付いていて便利なので、もし放電器として使えそうなら、今後はこちらをメインに使っていくことになりそうです。
 
 

松山行ってきました。

てことで今日は、松山港にて行われた潜水艦救難艦「ちはや」一般公開に行ってきました。









…なお、疲れて今にも寝落ちしそうなので、詳しい話はまた明日にでも(^^;
 
 

明日は松山。

明日は潜水艦救難艦「ちはや」一般公開に参加するため、朝から松山港へ行ってきます。
なお、明日の移動に使うため、もはやお馴染みとなった四国再発見早トクきっぷを買ってきました。

四国再発見早トクきっぷ

今回は天気予報が非常に微妙だったため、参加するかしないか直前まで悩みましたが、明日の日中は思ったより天気がよさそうで、日が差す時間帯もあるようなので、結局行ってみることにしました。
まぁ、最近の天気予報の言うことなので、大ハズレで雨降りとかもあり得そうですが、天気が悪ければ人が少ないでしょうし、それならそれで重視するところを変えればいいだけ…と思っておくことにします(^^;

それと、「ちはや」には以前乗った記憶がありましたが、さて具体的にはいつだったかと記録を漁ってみたところ、7年前の呉地方隊サマーフェスタ2011が最後のようです。
ただ、この時は艦艇一般公開というより艦隊一般公開みたいな様相で、一度に8隻もの艦艇に乗ることができるという、観艦式にも匹敵するような規模のイベントだったため、「ちはや」の写真もそこまできちんと撮れておらず、また当時はまだデジイチを持ち始めたころで、撮った写真を確認してみると設定がヤバい感じになっており、数少ない写真も微妙なものが多かったので、明日は初乗艦のつもりで一通り写真を撮ってこようと思います。

…さて、では明日はいつも通り朝早いので、準備を済ませたら仮眠を取って出発に備えたいと思います。
 
 

カウントダウン開始?

実働品のサンプル展示が行われたそうで、いよいよ登場までカウントダウンが始まった感じですね。
 →【イベントレポート】Seagate、20TB超の容量を実現する熱アシスト磁気記録方式対応の3.5インチHDDを展示 ~マルチアクチュエータ技術「MACH.2」対応HDDも展示 (PC Watch)

HDD業界で長きに渡って開発が続けられてきた熱アシスト磁気記録(HAMR)方式ですが、開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2018のSeagateブースにて、実働品がサンプルとして展示されているようです。
出荷開始は2019年からで、容量は最低でも20TB以上、最初はエンタープライズ向けの出荷に留まるようですが、遠からずコンシューマ向けにも降りてくると思われます。

なお、昨年末の時点で出荷開始を2018年末と言っていたそうなので、出荷開始が若干延びているわけですが…まぁ、以前の年単位での繰り延べと比べれば可愛いものですし、実働品のサンプル展示まで漕ぎ着けたのであれば、あとはスムーズに進む…といいですね(^^;
…長年画餅のような開発計画を延々と聞かされ続けてきた自作er諸兄にとっては、もはや実物が自分の手元に届かない限り信じないという人も多い気がします(副委員長代理もその一人w)が、もうその日はそう遠くはない…といいな(^^;

いずれにしても、HAMRはSMRやヘリウム充填のようないわば「苦肉の策」とは違い、HDDの容量増にとって久々のブレイクスルーとなる技術だけに、期待半分と過去のやらかしから来る不安半分で、実際の登場を心待ちにしたいところですねw
 
 

3枚目。

最近遠征の連続で少し不足を感じたので、新しくカメラ用のメモリーカードを買い足してみました。

東芝 EXCERIA PRO M401 THN-M401S0640C2

東芝のEXCERIA PRO M401シリーズの64GBモデル(THN-M401S0640C2)でした。
このM401シリーズは、東芝のmicroSDXC(UHS-I)としては最上位クラスのモデルで、公称値でリード95MB/s・ライト80MB/sという非常に高速なカードになっています。
購入したのはお馴染みの風見鶏で、海外向けモデルということで購入価格は3,324円(ポイントを使って支払いは3,183円)と、高速モデルであることも考えるとなかなかお安く購入することができましたw
それと、SDXCカードの購入は今回で3枚目になりますが、microSDXCカードと考えるとこれが初の購入になりましたねw
昔は接点数が増えるのを嫌って、カメラ用にはmicroSDカードは買わないようにしていたのですが、2年前に購入したSanDiskのSDSQXNE-032G-GN6MAの運用実績が良好だったこともあり、今回はカメラ用としてmicroSDを買うのも特に抵抗は感じませんでしたね。
あと、副委員長代理は基本的に同じメモリーカードは買わないようにしている(見分けが付かなくなるのとロット不良を避けるため)のですが、SDXCカードは1枚目がLexar(Micron)のLSD64GCRBJP1000で、2枚目がSanDiskのSDSDXXG-064G-GN4IN、そして今回の東芝のTHN-M401S0640C2と、同じカードどころかメーカーすらも違うカードで揃えているので、そう考えると4枚目の選択にはいろいろ悩みが出てきそうです(^^;

ちなみに、今回購入したのは、型番末尾にC2と付いているので中国向けモデルで、パッケージの説明書きなども基本的に中国語になっているのですが、パッケージ裏の最後にご丁寧に日本語で「特定の海外国/地域向け製品のため、日本国内でのサポートは受けられません。」と明記されており、日本国内でのサポートは一切受けられなくなっています。
このあたりは格安で売っている海外向けのメモリーカードを買う人にとっては常識で、副委員長代理も当然そこは理解して購入しているのですが、今回購入した風見鶏では店舗独自で1年間の保証を設けており、購入後1年以内の故障であれば、店舗に申請をすれば交換保障が受けられるようになっています。(店舗が海外に窓口を持っていてそこからRMA申請をするものと思われ)
店舗への返送費用を自己負担する必要はありますが、本来ならほぼ無保証(店舗によって初期不良が1週間程度認められる程度)であるがゆえに格安で買えるところを、1年保証付きで最安より僅かに高い程度の価格で買えることを考えると、海外向けパッケージのメモリーカード購入は風見鶏一択ではないかと個人的には思っています。
なお、国内向けパッケージだと無期限とか5年とかの保証期間があるので、1年という保証期間が短いと感じる人もいるかもですが、過去の経験上メモリーカード類が壊れるのは購入から数週間~数か月以内が多く、さらに数年もすると容量不足で買い替えとなることが多いので、1年の保証が付いていれば十分だと思います。
…以上、風見鶏の宣伝は終わりw

そんな感じで購入したこのカードですが、初期不良チェックついでにChkFlshとSDフォーマッタを回して、特にエラーも不審な動きもなかったので、とりあえず初期不良でサポートのお世話になることはなさそうです。
それから、高速カードということで、どの程度の速度が出るのか気になったので、実際にベンチマークを取って確認してみました。
測定に使用したカードリーダーはBUFFALOのBSCR26TU3SVで、それをPC(Core i3-4170+H97機)のマザー背面のUSB3.0ポートに直結して測定しました。

ベンチマーク結果

リード・ライトともにほぼ公称値が出ており、少なくともシーケンシャルは手元にあるメモリーカードの中では最速クラス(というか恐らく最速)になっています。
ライトは80MB/sに迫る数字が出ており、これだけの速度が出ればデジイチの高速連写でもサクサク撮影ができそうですねw
ただし、アプリケーションクラス規格に準拠していないことからも分かる通り、ランダム速度は高速カードの割には遅い部類なので、スマホ(のアプリ置き場)などに使うには微妙なカードかもしれないですね。
…まぁ、このクラスのカードをスマホに使おうとする人もそうそういないとは思いますがw


思った以上に優秀なカードだったので、今後は主力のカードとしていろいろなイベントで活躍してくれそうですねw
とりあえず、今週末の松山港での潜水艦救難艦「ちはや」一般公開がデビュー戦になりそうですが、高速連写が必要なイベントにはならなさそうですから、真の実力を発揮するのはまたの機会となりそうですw
 
 

記念モデル。

もう少しアニバーサリー感があってもいいんじゃないかな、と思わなくもないですが…
 →【イベントレポート】Intel、最大5GHz達成のCore i7-8086Kを6月8日から発売 ~会社創立50周年、8086プロセッサの40周年を記念。8,086個のプレゼント企画も (PC Watch)
 →[COMPUTEX]Intel,「8086」誕生40周年を記念したCPU「Core i7-8086K」を発表 (4Gamer.net)

現在のx86プロセッサの始祖とも言えるIntel 8086プロセッサ登場から40周年と、Intelの会社創立50周年を記念して、記念の限定モデルである「Core i7-8086K」が登場するそうです。
Core i7-8086KはCore i7-8700Kをベースにしたモデルで、大半のスペックはCore i7-8700Kと同等ですが、クロック周波数がベースで4GHz、TB時(最大)で5GHzと大きく引き上げられているのが特徴になっています。
価格は425ドル(約4.7万円)で、販売開始は6/8からだそうですが、4Gamer.netによると24時間限定の販売となっているので、販売期間には注意が必要そうですね。
なお、今回の発売を記念して、世界全体で8,086個(日本の割り当ては500個)のCore i7-8086Kをプレゼントする企画も行われるようなので、さすがに高いので買う気はないけど興味がある、という方は応募してみてはいかがでしょうか?(詳細はIntelのキャンペーン情報サイトにて)

Intelのアニバーサリーモデルと言えば、かなり売れたPentium誕生20周年記念モデルのPentium G3258(Pentium Anniversary Edition)が記憶に新しいですが、今回のCore i7-8086Kはどの程度売れるのでしょうかね。
24時間限定販売という情報も出ており、さらに価格帯的にはかなり高いモデルで、同価格帯で比較するとスペック上のインパクトもそこまで大きくないので、それほど大量に売れるということはないと思いますが、マニア的には面白いモデルなのは間違いないですから、予想外に数が出るかもですねw
 
 

詰め替え用。

先日ドリル用の切削油を購入しましたが、容量の大きなものを購入したために容器が大きくて邪魔だったので、詰め替え用の小容量ボトルを100均で買ってきました。

ダイソー ワンタッチ式スリムボトル(20ml×2本セット)

ダイソーのワンタッチ式スリムボトル(20ml×2本セット)でした。
化粧品用の小容量のボトルでしたが、構造やサイズ的にちょうど使い勝手がよさそうだったので、試しにこれをチョイスしてみました。
注ぎ口がもう少し細長くなっていればベストだったのですが、まぁこの容器でも使えないことはなさそうなので、とりあえずはこれを使ってみようと思います。
 
 
閲覧者累計
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
カテゴリー
 
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
ブログ内検索
 
プロフィール

副委員長代理

管理人:副委員長代理
棲息地:四国の右上の方
年の頃:軽微なゆとり世代
趣味:自作PC、ミリタリー関連、東方、同人誌蒐集、エロゲ、魚釣り
現在のPC構成:コチラを参照
現在の撮影機材:コチラを参照

連絡メアド:mail2_fukuiincho_dairi●yahoo.co.jp
(●を@に変えて下さい)

相互リンクは随時受付中です♪
相互ご希望の方は、↑の連絡メアドか、最新記事のコメントにお気軽にどうぞw

FC2ブログランキングに参加中。
↓押すと管理人が喜びます。

 
相互リンク
 
同盟参加中

はやみ+√AAA同盟 かりん(里村かりん)FC

 
絶賛応援中!


企業

WAVESTAR
枕 -makura web-
コットンソフト
あっぷりけ
ぱれっと
Lump of Sugar



同人サークル

漆黒庭園(blog)
漆黒庭園(公式HP)
無人少女
empathy
Aquagrapher!!
玉藻スタジオ
CURE CREATIVE CIRCLE
sapuri
アリスたると。
first piece
いちごさいず
上海アリス幻樂団
黄昏フロンティア
Silver Forest
茜屋ぐーたら店
ノビタグラフ
Passing Rim
旅の宿オダワラ(VISTA)
ZIPPERSROOM(ZIP)


その他

Tynwald music
MOON PHASE

Top
Copyright © 副委員長代理 / Designed by Paroday